Bizコンパス

在宅勤務でやってしまいがちな「失敗あるある」と、その回避法
2020.05.13

テレワーク導入の“壁”を解決第4回

在宅勤務でやってしまいがちな「失敗あるある」と、その回避法

著者 サトウカエデ

チームの業務量が可視化できない。どうする?

 在宅勤務では、社内でのコミュニケーションが減ることで、お互いの仕事内容を知る機会も減ります。そのため、全体の業務量やフローも把握しづらくなります。従来はちょっとした会話で業務の調整ができていたのに、在宅勤務で会話がなくなることで、業務をサポートしたり、調整する機会も失われてしまいます。

 組織全体で業務のバランスを取り、特定の従業員に負担がかかるのを防ぐためには、意識的にチーム全体で交流の場を持ち、情報の共有により業務を“見える化”する必要があります。

 たとえば日々の業務を開始する前に、メンバー全員が日々の業務内容をコミュニケーションツールに書き込んだり、業務が終わる前の夕方に業務の進捗をメンバーで報告し合えば、業務量が可視化され、業務のバランスを取ることも可能になります。

 メンバー間で話し合う中で、仕事に必要な通信機器やPC用品が足りておらず、自宅で業務がうまくできないという人も出てくるかもしれません。その場合は、従業員個人が工夫するよりも、まずは企業側が積極的に支援をすることが望まれます。労働安全衛生法第3条では、事業者の責務として「快適な職場環境の実現と労働条件の改善」が規定されています。

 慣れない在宅勤務に苦労をしている企業は多いかもしれませんが、このタイミングで在宅勤務のルールやノウハウを確立できれば、今後、自然災害や伝染病などビジネスを妨げる災禍が発生したとしても、迅速に在宅勤務体制に移行ができ、事業が継続できる可能性が高まります。

  “未来への投資”と考え、今後も在宅勤務を推し進めていきましょう。

※掲載している情報は、記事執筆時点のものです。

関連キーワード

SHARE

関連記事

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

2020.06.05

テレワーク導入の“壁”を解決第8回

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

2020.06.03

テレワーク導入の“壁”を解決第7回

世界的IT企業が集う街・シアトルの在宅勤務とは

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

2020.05.27

With/Afrerコロナでビジネスはどう変わるか第1回

コロナで大打撃、フィリピンの語学学校のオンラインセミナー戦略とは?

すぐに実践できる!テレワークでチームワークを高める秘訣とは?

2020.05.20

テレワーク導入の“壁”を解決第6回

すぐに実践できる!テレワークでチームワークを高める秘訣とは?

在宅勤務に潜む「情報漏えい」の恐怖をどう防ぐ?

2020.05.15

テレワーク導入の“壁”を解決第5回

在宅勤務に潜む「情報漏えい」の恐怖をどう防ぐ?

テレワークのセキュリティでの9つの疑問と回答

2020.05.12

IT&ビジネス最新ニュース第11回

テレワークのセキュリティでの9つの疑問と回答

モバイルはテレワークにどう活用できるのか?その特徴と注意点

2020.04.30

ケータイ業界の最新動向に迫る第78回

モバイルはテレワークにどう活用できるのか?その特徴と注意点