NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
「家で仕事」はコレがツラい!アンケートから読み解く在宅勤務のリアル
2020.04.22

テレワーク導入の“壁”を解決第3回

「家で仕事」はコレがツラい!アンケートから読み解く在宅勤務のリアル

著者 河野 ゆみこ

 新型コロナウイルスの影響により、在宅勤務を実施している企業は多いでしょう。

 しかし、オフィスに出向く従来の勤務スタイルと、仕事と生活との境界線が曖昧な在宅勤務では、働く環境に大きな差があります。実際に、いま在宅勤務をしている人の中にも、思ったように仕事が進まなかったり、従来よりもミスが増えてしまったり、社内や社外とのコミュニケーションで支障が出てしまうなど、トラブルを抱えている人もいるかもしれません。

 そこで本記事では、3月に調査された2つのアンケート結果を読み解きながら、在宅勤務における従業員のリアルな声と、課題に対する対応策について考えます。

在宅勤務でストレスが減った!

 在宅勤務をすること自体については、多くの人が好意的にとらえているようです。

 ビッグローブが3月、週1日以上の在宅勤務をしている全国の20~60代の男女1,000人を対象に行ったアンケート調査では、「実際に在宅勤務をしてみて、通常時でも在宅勤務などのリモートワークは可能か」に、「そう思う」と答えた人が40.5%、「ややそう思う」と答えた人が48.2%となりました。合計で9割近い人が、在宅勤務でも仕事ができると感じているようです。「在宅勤務が顧客や協力会社に受け入れられていると思うか」という質問に対しても、「そう思う」「ややそう思う」と答えた人が約9割となっています。

 次に「在宅勤務で通勤頻度が減ることでストレスはどう変化したか」という質問に対しては、「減った」と回答した人が29.7%、「やや減った」と回答した人が26.9%と、6割近い人がストレスが軽くなったと感じています。さらに、仕事環境や人間関係などのストレスの変化についても「減った」「やや減った」と回答した人が5割を超えました。オフィス勤務より在宅勤務の方が、ストレスを感じにくいようです。

「在宅勤務で仕事の成果はどう変化したか」という質問に対しては、「成果が出るようになった」「やや成果が出るようになった」と回答した人が3割強で、「変化はない」と回答した人が約4割となりました。「あまり成果が出なくなった」「成果が出なくなった」という否定的な意見も2割5分ほどいましたが、全体的には「オフィスに行かなくても、仕事の成果が従来以上に発揮できる」と考える人の方が多数派という結果になりました。

関連キーワード

SHARE

関連記事

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

2020.09.16

共創によるビジネスイノベーション第3回

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

2020.08.28

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第7回

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

2020.08.05

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第5回

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

2020.07.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?