Bizコンパス

優秀人材を確保するため、神戸製鋼が多国籍人材を雇用する切り札
2019.02.06

言葉の壁を乗り越える

優秀人材を確保するため、神戸製鋼が多国籍人材を雇用する切り札

著者 Bizコンパス編集部

言語の壁を越えた成功体験を糧に全社展開へ

 すでに2人の外国籍技術者が入社してから半年が経過しました。これまで社内における言語の壁を越えたコミュニケーションはある程度、進んでいると、同社技術開発本部の伊庭野朗氏は評価します。

「入社直後は社内ルールの説明や安全上の教育などアナウンスが多いので、COTOHA Translator™は大活躍でした。おかげさまで初期からコミュニケーションを図ることができ、日本語の苦手な外国籍技術者がスムーズに社内に解け込み、日常業務に取り組めています」

 現在は全社一斉に送信される業務連絡メールを庶務担当が受け取り、即時で英語に翻訳して外国籍技術者に送信するという流れが完成しているようです。

「手作業での翻訳には手間がかかり、日常業務に支障をきたすこともあります。特に悪天候時の公共交通機関の混乱時の出勤などに関する連絡は、英語で大枠の意図だけでも伝えないと大変なことになります。それが簡単に素早く翻訳して伝えられると庶務担当からの評価は上々です。特に日本語を英語に翻訳後、再度日本語に戻す逆翻訳で翻訳後の英語もチェックできるので、表現のわかりやすさの向上に役立っているようですね」(伊庭野氏)

「テキスト翻訳」画面

 このような実務的な意思疎通に加え、外国籍技術者の技術資料のやりとりにもCOTOHA Translator™は利用されていると伊庭野氏は語ります。

「図版や表を多用した技術資料の細かい確認作業のために、COTOHA Translator™を利用しているようです。直感的でわかりやすいインターフェースのため、これまで彼らが個人的に利用していた翻訳サービスよりも使いやすく、コミュニケーションが格段に取りやすいという感想をもらっています。従来のようにファイル内のテキストをコピーして抜き出し1つ1つ翻訳する必要がなく、ファイルをまるごと翻訳できる使い勝手の良さは、日本人技術者からも好評です。翻訳にかかる時間も短いため、業務効率化も図れます」

「ファイル翻訳」画面

 今回の成功事例が社内的に周知されたことで、他の事業部門にもCOTOHA Translator™の活用は拡大する予定があると長峯氏は説明します。

「海外企業との共同研究を進める研究者の相互連携に加え、海外のグループ企業を訪問する監査担当者の監査書類、スコア評価などの翻訳にも使われる予定です。今後も社内に呼びかけ、利用エリアを拡大していく計画です」

「COTOHA Translator™」導入後の効果

 COTOHA Translator™のさらなる展開を見据える長峯氏は、今後の方向性に言及します。

「社内の共通文書について、英語、中国語を加えるという全社的な目標があります。とはいえ、社員の言語スキルを底上げして多言語で意思疎通できる環境をつくるには、まだ少々時間がかかると思われます。この過渡期にはCOTOHA Translator™が大いに力になってくれそうです」

 長峯氏は、今後の翻訳に対するニーズを見据えます。

「まずは、多言語への対応ですね。さらに、会議の会話を音声認識してテキスト化し、翻訳するというような音声翻訳の機能が求められてくると思われます」

 AI翻訳サービスのマーケットは、まだまだ黎明期です。まずは神戸製鋼のように先行して使ってみることが重要なのかもしれません。使っているうちにサービスに新機能が続々と追加され、いずれは漫画のツールに比する進化を体感できる機会が訪れるかもしれません。それは夢物語としても、AI翻訳サービスは喫緊の課題である人材確保の間口を広げる有効なツールといえるでしょう。

SHARE

関連記事

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

2018.08.31

AIでビジネスの課題を解決する

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

ビジネス向けAI翻訳サービスで“働き方改革”を実現

2018.03.16

TOEIC900点レベルの高精度でファイルをまるごと翻訳

ビジネス向けAI翻訳サービスで“働き方改革”を実現

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

2018.10.19

「最先端AI」で業務効率化する方法前編

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

事例で解説!RPA、AI、チャットボット導入の勘所

2018.01.19

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第1回

事例で解説!RPA、AI、チャットボット導入の勘所

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

2020.07.15

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第2回

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?

2020.06.17

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第1回

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

2020.04.16

いま求められる“顧客接点の強化”第25回

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

2020.04.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第39回

クボタはディープラーニングで焼却炉のエコ発電を目指している

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

2020.03.27

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第36回

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

2020.03.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第35回

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている