NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
優秀人材を確保するため、神戸製鋼が多国籍人材を雇用する切り札
2019.02.06

言葉の壁を乗り越える

優秀人材を確保するため、神戸製鋼が多国籍人材を雇用する切り札

著者 Bizコンパス編集部

 日本における労働力人口は、長期低落傾向が続いています。これを受けて日本政府は外国籍労働者、いわゆる移民の受け入れ拡大を発表しました。この閣議決定には、賛否の議論があるでしょう。とはいえ、グローバルなビジネス競争を勝ち抜くためには、国籍に関係なく優秀な人材を呼び込むことが求められます。これは世界規模で躍進している多くの企業が、多国籍の社員で構成されていることからも明らかです。

 神戸製鋼ではダイバーシティ戦略を推進し、その取り組みの1つに優秀な外国籍社員の確保・育成があります。試行錯誤を繰り返しながらの活動ですが、2018年に「日本語の読み書きができない」社員を採用することにし、言語の壁を越えた社内におけるコミュニケーション基盤の構築が必要になっていました。そこで、同社が導入した施策とは、どのようなものだったのでしょうか。

【株式会社神戸製鋼所について】

 1905年創業の大手鉄鋼メーカー。神戸製鋼グループの主軸として素材系事業、機械系事業、電力供給事業を3本柱とする成長戦略を掲げ、独自の付加価値を高め、競争優位性を発揮していくことで、事業の拡大、発展、社会への貢献を目指している。

SHARE

関連記事

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

2018.08.31

AIでビジネスの課題を解決する

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

ビジネス向けAI翻訳サービスで“働き方改革”を実現

2018.03.16

TOEIC900点レベルの高精度でファイルをまるごと翻訳

ビジネス向けAI翻訳サービスで“働き方改革”を実現

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

2018.10.19

「最先端AI」で業務効率化する方法前編

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

事例で解説!RPA、AI、チャットボット導入の勘所

2018.01.19

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第1回

事例で解説!RPA、AI、チャットボット導入の勘所

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表

2020.08.31

IT&ビジネス最新ニュース第50回

ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる

2020.08.28

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第3回

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる