テレワークやサテライトオフィス、仮想デスクトップ(VDI)の導入など、ITの進化によって、自宅や外出先でも、オフィス同様に仕事ができる環境が整いつつあります。

 こうした社外でのPC利用において、必ずネックになるのが「情報セキュリティ」です。社外でのPC利用には、大事なデータが流出しないよう、さまざまなルールや対策が設けられるのが一般的です。しかし、セキュリティ面を重視しすぎると、ユーザビリティ(利便性、自由度)が落ちてしまうという欠点があります。

 いま現在も、社外で仕事をする際に「反応が遅い」「不便だ」と、不満を抱えながらPCを使っている人も多いかもしれません。この状態では、たとえ「働き方改革」の一環としてテレワークを始めたとしても、生産性が高まることはないでしょう。

 社外であっても、社内と同じように従業員が使いやすく、かつセキュリティ面も担保されたPC環境というのは、実現不可能なのでしょうか? 今回は、その難題に取り組み、使いやすさとセキュリティを両立した「セキュアドPC」を開発・導入した、NTTコミュニケーションズ社(以下、NTT Com)の実例を紹介します。

気になる見出しをクリック

遅いシンクライアントが社内にキョンシーを生む

システム部と情報セキュリティ部が手を組むきっかけは「法改正」

従業員のマックを「捨てさせる」システムを作るべし!

スピードが早く、セキュリティも担保できる通信経路とは

9割が「効果的に働ける」。シンクライアント比で約65%のコスト削減も

好評を受け、セキュアドPCを展開する体制もスタート

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード