2018.09.14 Fri

 ビジネスにおいてクラウドサービスの利用などでインターネットの重要性が増す一方、動画閲覧等によるインターネットトラフィックの急増に伴う通信速度の低下は、法人のお客さまのインターネットの業務利用に大きな影響を及ぼす課題となっています。その解決策として大きな期待を寄せられているのが「IPoE」です。従来のインターネット接続とは何が違うのか。NTTコミュニケーションズ株式会社の永作智史氏、市原孝浩氏、工藤貴幸氏に解説していただきました。

気になる見出しをクリック

業務でのクラウド利用の進展に伴い、インターネットの混雑による通信速度低下が新たな課題に

 メールやドキュメント作成、情報共有などの基盤としてマイクロソフト社の「Office 365」やGoogle社の「G Suite」、またファイルを社内外で共有するためにBox社の「Box」など、多くの企業でインターネット上で提供されるクラウドサービスの業務での利用が当たり前になりつつあります。こうした状況の中、新たな課題として浮かび上がっているのが、インターネット混雑時の通信速度低下によりクラウドアプリケーションが快適に使えない事象です。

 一般に通信時間が比較的短く完結し、データ量も小さいWebサイトの閲覧やメールの送受信に対し、クラウドサービス利用ではPC端末等とクラウド間の通信が継続的になり、データ量も多くなります。このため業務で本格的にクラウドサービスを利用し始めると、インターネット接続回線で従来に比べより多くの通信帯域を消費します。オフィスのインターネット接続環境で十分な通信帯域がないと、クラウドサービスが快適に利用できず、業務に支障が生じる可能性が高くなります。

 もうひとつ、企業のインターネット接続で課題となっているのがマイクロソフト社のWindows Update(正式名はセキュリティ更新プログラム)です。マイクロソフト社は定期的にWindows OSやアプリケーションの脆弱性などを修正するパッチ(修正プログラム)をインターネット上で定期的に配布しています。

 利用環境が家庭でWindows Updateを行うパソコンが数台であれば消費される帯域も大きくありませんが、数百人の従業員のパソコンが一斉に修正プログラムをダウンロードすれば、一時的に多くの帯域を消費するため、結果としてクラウド利用の通信が圧迫され、業務に支障を生じる可能性が高くなります。

インターネットが遅くなる要因の1つはフレッツ網とISP間をつなぐ設備での混雑

「PPPoE」に変わる接続方式として登場した「IPoE」

Windows Update通信を分離するワイドプランも用意

クラウド型UTMでセキュリティ対策を強化

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード