NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは
2018.09.14

“インターネットが遅い”を解消!!

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは

著者 Bizコンパス編集部

クラウド型UTMでセキュリティ対策を強化

 セキュリティ対策が不十分、あるいはセキュリティに詳しい人材がいないなど、現状のセキュリティ対策に課題を持っているお客さまのために、IPoE方式によるインターネット接続にUTMの機能をバンドルした「OCN光 IPoE vUTMセット」も用意されています。

 このサービスで提供されるUTMはオフィスに設置するタイプではなく、ネットワーク上で提供されるクラウド型となっています。これにより、セキュリティを検知するパターンファイル(シグネチャ)をNTTコミュニケーションズ側でタイムリーに適用するため、お客さま側での運用負担が大幅に軽減されます。また、あらかじめNTTコミュニケーションズが推奨するセキュリティポリシーが組み込まれているため、煩雑な設定を行うことなく、そのまま使い始められることもポイントでしょう。

「UTM機器をオフィスに設置するオンプレミス型の場合、設定やパッチの適用をお客さま自身で行っていただくことになります。とはいえセキュリティやネットワークに詳しい担当者がいない場合、お客さま側でそのような作業を行っていただくのは負担が大きいでしょう。しかしOCN光 IPoE vUTMセットであれば、そのような手間をかけることなくインターネット利用時のセキュリティを高めることが可能であり、これが大きなメリットです」(市原氏)

「OCN光 IPoE vUTMセット」の特長

 そのほか容易にインターネットVPN環境を構築できる「OCN光 IPoE VPNセット」も用意されるなど、幅広いオプションが提供されていることもNTTコミュニケーションズの「OCN光 IPoEサービス」の特長です。クラウドサービスの利用速度が遅いなど、すでにインターネット環境に課題を抱えている企業はもちろん、今後トラフィック量の増加が見込まれる企業においても、問題が生じる前に既存の環境からの乗り換えを検討してはいかがでしょうか。

※掲載されている内容は公開日時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります。

SHARE

関連記事

Office365やG suite等の利用増によるネットワークトラブルの解決策

2018.06.01

ビジネススピードを加速するIT基盤第15回

Office365やG suite等の利用増によるネットワークトラブルの解決策

アカマイが打ち明けるCDNプラットフォームの裏側

2018.07.20

インターネットサービスを支えるネットワーク基盤

アカマイが打ち明けるCDNプラットフォームの裏側

ユースケースから見るクラウド型UTM導入のメリット

2017.07.28

素早く手軽にセキュリティの運用負担を軽減する方法

ユースケースから見るクラウド型UTM導入のメリット

どう使う?「SD-WAN」活用術をユースケースで解説

2017.02.22

乗り遅れるな!2017年、見極めたいICTの大波第3回

どう使う?「SD-WAN」活用術をユースケースで解説