Bizコンパス

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは
2018.09.14

“インターネットが遅い”を解消!!

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは

著者 Bizコンパス編集部

 ビジネスにおいてクラウドサービスの利用などでインターネットの重要性が増す一方、動画閲覧等によるインターネットトラフィックの急増に伴う通信速度の低下は、法人のお客さまのインターネットの業務利用に大きな影響を及ぼす課題となっています。その解決策として大きな期待を寄せられているのが「IPoE」です。従来のインターネット接続とは何が違うのか。NTTコミュニケーションズ株式会社の永作智史氏、市原孝浩氏、工藤貴幸氏に解説していただきました。

業務でのクラウド利用の進展に伴い、インターネットの混雑による通信速度低下が新たな課題に

 メールやドキュメント作成、情報共有などの基盤としてマイクロソフト社の「Office 365」やGoogle社の「G Suite」、またファイルを社内外で共有するためにBox社の「Box」など、多くの企業でインターネット上で提供されるクラウドサービスの業務での利用が当たり前になりつつあります。こうした状況の中、新たな課題として浮かび上がっているのが、インターネット混雑時の通信速度低下によりクラウドアプリケーションが快適に使えない事象です。

 一般に通信時間が比較的短く完結し、データ量も小さいWebサイトの閲覧やメールの送受信に対し、クラウドサービス利用ではPC端末等とクラウド間の通信が継続的になり、データ量も多くなります。このため業務で本格的にクラウドサービスを利用し始めると、インターネット接続回線で従来に比べより多くの通信帯域を消費します。オフィスのインターネット接続環境で十分な通信帯域がないと、クラウドサービスが快適に利用できず、業務に支障が生じる可能性が高くなります。

 もうひとつ、企業のインターネット接続で課題となっているのがマイクロソフト社のWindows Update(正式名はセキュリティ更新プログラム)です。マイクロソフト社は定期的にWindows OSやアプリケーションの脆弱性などを修正するパッチ(修正プログラム)をインターネット上で定期的に配布しています。

 利用環境が家庭でWindows Updateを行うパソコンが数台であれば消費される帯域も大きくありませんが、数百人の従業員のパソコンが一斉に修正プログラムをダウンロードすれば、一時的に多くの帯域を消費するため、結果としてクラウド利用の通信が圧迫され、業務に支障を生じる可能性が高くなります。

インターネットが遅くなる要因の1つはフレッツ網とISP間をつなぐ設備での混雑

 とはいえ、光ファイバーの利用が主流となった現在のインターネット接続サービスは、1~10Gbpsの最大通信速度が実現されています。それだけの通信速度がありながら、なぜインターネットの利用速度が遅くなってしまうのでしょうか。

 その原因の1つとなっているのは、NTT東日本・西日本のフレッツ網とISP間をつなぐ設備での混雑による影響です。フレッツ網を利用したインターネット接続サービスでは、お客様拠点から光ファイバーなどのアクセス回線を使ってフレッツ網に接続し、さらにISPのネットワークを介してインターネットに接続する構成となっています。この一連のネットワークを構成する設備は複数のお客さまで共有されますが、従来型(PPPoE方式という)の設備は、共有しているお客さまの通信量増加で混雑が発生しやすく、結果として通信速度が低下しやすい構成となっていました。

 近年、トラフィックが大きく増加し続けることによって混雑が顕在化していると話すのはNTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTTコミュニケーションズ)の永作智史氏です。

「近年、コンシューマのお客さまでは動画視聴、法人のお客さまではクラウドサービスの利用が広まるなど、インターネットの利用形態が大きく変わったことで、毎年1.4倍のペースでトラフィック量が増加しています(※)。このため、弊社を含め、ISPの設備増強が十分に追い付かず、フレッツ網とISP間をつなぐ設備での混雑が常態化している状況です」

※総務省 総合通信基盤局「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計結果」(2018年2月27日)より

 

飛躍的に伸びるインターネットトラフィック

SHARE

関連記事

Office365やG suite等の利用増によるネットワークトラブルの解決策

2018.06.01

ビジネススピードを加速するIT基盤第15回

Office365やG suite等の利用増によるネットワークトラブルの解決策

アカマイが打ち明けるCDNプラットフォームの裏側

2018.07.20

インターネットサービスを支えるネットワーク基盤

アカマイが打ち明けるCDNプラットフォームの裏側

ユースケースから見るクラウド型UTM導入のメリット

2017.07.28

素早く手軽にセキュリティの運用負担を軽減する方法

ユースケースから見るクラウド型UTM導入のメリット

どう使う?「SD-WAN」活用術をユースケースで解説

2017.02.22

乗り遅れるな!2017年、見極めたいICTの大波第3回

どう使う?「SD-WAN」活用術をユースケースで解説

企業が「With/Afterコロナ」で検討すべきIT投資とは?

2020.06.03

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第6回

企業が「With/Afterコロナ」で検討すべきIT投資とは?

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?

2020.05.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第27回

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?

「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?

2020.05.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第5回

「With/Afterコロナ」のIT市場は、悲観的か?楽観的か?

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

2020.04.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第21回

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

2019.10.25

ビジネススピードを加速するIT基盤第22回

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

2019.10.02

IoTを活用してビジネス価値を創造する第3回

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

「2025年問題」を見据えたSAP ERP環境はどう構築すればいいのか

2019.08.28

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第19回

「2025年問題」を見据えたSAP ERP環境はどう構築すればいいのか