2018.03.16 Fri

 多くの企業が海外へ進出し、外国人スタッフ社員も増加しつつある現在のビジネスシーンにおいて、英語によるコミュニケーション能力は重要なスキルの1つです。ただし、海外の取引先との合意形成や社内の外国人スタッフとの情報共有などでは会話力のみならず、ドキュメントの英訳・和訳といった翻訳力が求められます。こうした翻訳作業を軽減する主な手段としてはインターネット翻訳サービスの利用や翻訳パッケージの導入、外部への翻訳委託がありますが、いずれも一長一短という状況です。そこに一石を投じる、新たな翻訳サービスをご存じでしょうか。

気になる見出しをクリック

無料のインターネット翻訳サービス利用に潜むリスク

翻訳パッケージや翻訳委託を利用する際のジレンマ

翻訳を革新する「クラウド型AI翻訳サービス」の真価

TOEIC900点レベル、しかも“日本びいき”な翻訳力

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード