2018.01.24 Wed

 経営者向けのシステムと思われてきたERPですが、働き方改革の鍵を握っているといっても過言ではありません。たとえばERPにデータ投入するために、わざわざ入力用の専用システムを構築・管理したり、現場にExcelデータの成形や投入作業を強いていたりしないでしょうか。

 また、タブレットやスマートフォンといったモバイル端末を活用し、現場でさまざまな情報を入力・検索することで、もっと作業効率を上げたいと思ったことはないでしょうか。

 最近注目を浴びているERP/CRM(SFA)統合パッケージを活用すると、たとえば商談管理、販売管理、在庫管理等の機能がシームレスにつながり、これまで一度オフィスに戻ってから実施していた在庫確認なども現場からモバイル端末経由でERPのデータを直接参照することができるようになります。さらに、これまで手作業で行っていた伝票入力業務もAPIを介してRPAで自動入力することで、業務が効率化して生産性も向上し、働き方改革にも大きく貢献できそうです。 詳しく解説していきましょう。

気になる見出しをクリック

経営層にも現場にもメリットがあるERPとは?

現場の声をすばやく反映できるDynamics 365

大幅な業務効率化を可能にするRPAとの連携

クラウド化がもたらす価値と“ポストモダン”ERPの世界

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード