Bizコンパス

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか
2018.01.24

基幹システムで実現する働き方改革

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

著者 Bizコンパス編集部

 経営者向けのシステムと思われてきたERPですが、働き方改革の鍵を握っているといっても過言ではありません。たとえばERPにデータ投入するために、わざわざ入力用の専用システムを構築・管理したり、現場にExcelデータの成形や投入作業を強いていたりしないでしょうか。

 また、タブレットやスマートフォンといったモバイル端末を活用し、現場でさまざまな情報を入力・検索することで、もっと作業効率を上げたいと思ったことはないでしょうか。

 最近注目を浴びているERP/CRM(SFA)統合パッケージを活用すると、たとえば商談管理、販売管理、在庫管理等の機能がシームレスにつながり、これまで一度オフィスに戻ってから実施していた在庫確認なども現場からモバイル端末経由でERPのデータを直接参照することができるようになります。さらに、これまで手作業で行っていた伝票入力業務もAPIを介してRPAで自動入力することで、業務が効率化して生産性も向上し、働き方改革にも大きく貢献できそうです。 詳しく解説していきましょう。

経営層にも現場にもメリットがあるERPとは?

 かつてERPは経営資源を一元的に可視化し、管理することで経営管理をサポートすることが目的となっていて、いわば経営層のためのシステムであり、必ずしも現場にメリットをもたらすものとは言えませんでした。とはいえERPが本来の目的を達成するためには、現場での日々のデータ入力や更新といった作業が欠かせないのも事実です。

 そこで多くの企業の現場では、自分たちの業務に役立つシステムを別途構築し、ERPを連携させるといった方法でシステムが構築されています。しかし、これは経営と現場の断絶につながるほか、システムの複雑化の要因ともなり得ます。

 このような状況を打破するため、現在ERPに強く求められているのは、経営層にとっても、そして現場にとっても使いやすくメリットがあるシステムの実現です。以前はこのようなシステムを実現するのは困難でしたが、現在の技術を活用すれば決して不可能ではありません。実際、そうした課題を解決できる新たなコンセプトのERPパッケージは登場し始めています。代表例として挙げられるのが、マイクロソフトの「Dynamics 365」です。

Microsoft Dynamics 365

SHARE

関連記事

個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

2017.10.20

クラウドERPで実現するグローバル生販在の見える化

個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

製造業のグローバル拠点が抱える課題を解決するIoT

2016.09.28

製造業必見!グローバルを勝ち抜くためのERP戦略前編

製造業のグローバル拠点が抱える課題を解決するIoT

ERPクラウド化を成功させたサッポログループの選択

2016.07.29

徹底解説!基幹系システムのクラウド移行第13回

ERPクラウド化を成功させたサッポログループの選択

いま一度考えたい! ERP環境の最適化

2016.03.09

5年先、10年先を見すえたERP環境を考える

いま一度考えたい! ERP環境の最適化

「2025年問題」を見据えたSAP ERP環境はどう構築すればいいのか

2019.08.28

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第19回

「2025年問題」を見据えたSAP ERP環境はどう構築すればいいのか

マイクロソフトが提唱する、「2025年の崖」への新たな一手

2019.06.12

DXを加速させるITシステムの運用改革第5回

マイクロソフトが提唱する、「2025年の崖」への新たな一手

クラウドとネットワーク活用で経営戦略を強化する花王

2019.01.09

基幹システムのクラウド化とグローバルネットワーク

クラウドとネットワーク活用で経営戦略を強化する花王

ERPのクラウド化、最適なサービスをどう選ぶ?

2018.09.19

モード1のクラウド化を推進せよ後編

ERPのクラウド化、最適なサービスをどう選ぶ?

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

2018.06.29

ビジネススピードを加速するIT基盤第16回

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

2018年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード

2017.12.22

ビジネススピードを加速するIT基盤第8回

2018年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード