NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

有識者が明言「日本企業はRPAを全然使えていません」
2020.02.14

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第25回

有識者が明言「日本企業はRPAを全然使えていません」

著者 Bizコンパス編集部

RPAはイノベーションを起こす第一歩である

 岸氏は日本経済の未来を厳しく見通した一方で、「やるべきことをやっている企業は、十分明るい将来展望をつくることができるはずです」とも話します。岸氏はその「やるべきこと」が、“イノベーション”であるとしました。

「イノベーションという概念に対して、もしかすると『非常に高度な知識やノウハウが必要で、簡単には取り組めない』と誤解する人もいるかもしれません。ですが、経済学者のヨーゼフ・シュンペーター氏は、イノベーションを『世の中に存在するものの中から、新しい組み合わせを創ること』と定義しています。つまり、新しい組み合わせを探し出す作業が、イノベーションなのです」(岸氏)

 岸氏はRPAを、イノベーションを生み出す第一歩と位置づけています。

「オフィスワークの世界に関して言えば、RPAを導入することが、企業のビジネスとデジタルの新しいコンビネーションを創り出すことになります。つまり、RPAはイノベーションの1つといえます。RPAの導入により、人間がやっていた仕事を自動化でき、その結果、従業員は自由な時間が生まれます。その時間で、さらに新しいイノベーションが創出できるでしょう」(岸氏)

 安部氏と岸氏の講演に共通しているのは、RPAは単純に業務工数を削減するものでなく、そこから新しいビジネス、あるいはイノベーションを生み出すものである、という点です。RPAで効果を出せる企業になるための鍵は、単に「RPAが流行しているから」と安易に導入するのではなく、RPAを導入した先を見通せるか否かにかかっているようです。

SHARE

関連記事

97%の企業が業務を5割削減、「RPA」の効果とは

2018.06.25

働き方は「ロボット」で変える第1回

97%の企業が業務を5割削減、「RPA」の効果とは

なぜ日本でDXが進まないのか? 企業が陥る「あるある」を解説

2019.08.23

デジタルトランスフォーメーション最前線第2回

なぜ日本でDXが進まないのか? 企業が陥る「あるある」を解説

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?