NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法
2020.01.24

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第22回

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法

著者 Bizコンパス編集部

従来のルールを「守る」のではなく「壊す」ツールを導入しよう

 川田氏は、Smart Goにおいて、利用履歴という“データ”を活用し、交通費申請や確認の手間を削減したように、業務のあらゆる領域でデータを活用して、業務を変革していきたいと話します。

「従業員を信頼しないことで発生するコストは、企業経営を圧迫することにもなりかねません。働き方改革で従業員の生産性向上が求められていて、なおかつ少子高齢化で人材採用も難しくなるいま、従業員に向けた意識を“性悪説”から“性善説”に切り替えるなど、抜本的なところにメスを入れていく必要があると考えます」(川田氏)

 川田氏は、データによって業務を変革する一例として、「ワーケーション」を挙げました。ワーケーションとは「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語で、休暇を兼ねてテレワークで仕事をする、という働き方です。

 ワーケーションを採り入れれば、従業員はリゾート地など、オフィスとは遠く離れた場所で、リフレッシュしながら仕事に取り組めます。しかし、マネジメント側からは“本当に従業員が働いているのか”が確認できないという問題があります。

 川田氏はデータを使えば、こうした課題も解決できるといいます。

「たとえば従業員が沖縄にいても、Microsoft Teamsのログやメールの送受信履歴、資料を保存するBoxの利用状況などのデータを加味すれば、AIが“この人はちゃんと働いています”ということを判断できるでしょう。そうすると、上長もわざわざ監視する必要はないわけです。

 働き方改革を後押しするためには、こうした“ルールを壊すツール”が必要です。そのベースとなるものが、デジタルテクノロジーです。我々は、デジタルデータを組み合わせた働き方改革を支援するサービスを、Smart Go以外にも積極的に提供したいと考えています」(川田氏)

 働き方改革によって、生産性を今まで以上に高めていくためには、古いルールをそのまま引き継ぐよりも、そのルールを破壊し、従業員を従来の価値観から開放するようなテクノロジーが求められます。

 それを考えると、交通費精算という面倒な業務から従業員を解放するSmart Goは、まさに古い文化や価値観を破壊し、従業員を新たなステージへと引き上げるツールといえるかもしれません。

SHARE

関連記事

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

2020.01.24

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第23回

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

2020.11.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第54回

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催

2020.11.13

新たなイノベーションはアジアから始まる第4回

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催