NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法
2020.01.24

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第22回

面倒な「交通費精算」を、モバイルSuicaと連携して効率化する方法

著者 Bizコンパス編集部

会社から支給されたお金を不正利用しちゃったらどうするの!?

 Smart Goを導入した企業は、従業員から許可を得たうえで、JR東日本のSmart Go専用サーバーから、自動で利用データを取得します。そのため、申請漏れや記入ミスは発生しない仕組みとなっています。NTT Comによると、モバイルSuicaの利用データ取得に関する技術は、NTT Comのアカウントアグリゲーション(複数の取引情報を、一つの画面に一括表示する)サービス「Agurippa」で培われたといいます。

「モバイルSuicaに、事前に交通費が入金される」ということは、会社のお金が不正な用途に用いられる恐れもあります。しかしSmart Goでは、利用履歴がすべてデータとして残っているため、画面やCSVファイルとしてダウンロードして、用途が確認できます。

 たとえば休日にモバイルSuicaが利用された際には「要確認フラグ」が自動で立ち、上長は適正利用か否かを従業員に確認した後、従業員側のミスであればリジェクト(却下)する、といったことも可能です。川田氏によれば、将来的には上長の承認もAIが代行することも可能であるといいます。

 従来の立て替え精算の場合、実際には交通費が発生していないのに、発生したとして申請する、いわゆる「カラ出張」の不正が発生してしまう恐れがあります。一方、Smart Goでは、実際に交通費を支払った履歴が残っているため、カラ出張のような不正な申請は、そもそもできない仕組みとなっています。

「コンシューマの世界では、数百円、数千円の支払いでも、クレジットカードを使うことはすでに珍しくありません。そのような時代に、なぜ従業員にはコーポレートカードを持たせてもらえないのか。それは、社内ルールがあるからです。

 古い慣習やルールに引きずられ、利便性がないがしろにされているのが、従業員向けサービスの現状です。我々は従業員ファーストでこの部分を変えていきたい。コーポレートカードで経費精算すれば、利用履歴が残るので不正申請は難しくなりますし、経費精算の手間も軽減される。多くのメリットがあるわけです」(川田氏)

SHARE

関連記事

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

2020.01.24

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第23回

交通費の立替払いはムダ!○○に変えれば年約5千時間の稼働が削減できる

「DX人材」に必要なキャリアとスキルとは?エバンジェリストが解説

2020.12.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第11回

「DX人材」に必要なキャリアとスキルとは?エバンジェリストが解説

エバンジェリストが回答!DXを阻むサイロ化をどう解決すればいいのか

2020.12.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第10回

エバンジェリストが回答!DXを阻むサイロ化をどう解決すればいいのか

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

2020.11.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第54回

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催

2020.11.13

新たなイノベーションはアジアから始まる第4回

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催