NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

会議のムダを削減したいなら、○○を自動化しよう!
2020.01.15

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第21回

会議のムダを削減したいなら、○○を自動化しよう!

著者 Bizコンパス編集部

会議業務を効率化するカギは○○にある?

 ほとんどの会議には議事録作成の稼働が伴い、その多くの場合、参加者のうちの誰かが担当することになります。担当した参加者はメモを取ることに集中するあまり、議論に加わることは困難です。しかも担当者のスキルによっては、会議の進行にメモが間に合わなかったり、専門用語が把握できないこともあるでしょう。海外にも展開している企業であれば、外国人の参加者の言葉が聞き取れないケースも考えられます。

 たとえ会議のメモが正確に取れたとしても、会議後には議事録の作成が待っています。会議のメモと記憶を頼りに、重要事項や各参加者の宿題事項などを洗い出し、簡潔に要約するという作業には、相応の稼働がかかります。もちろん、会議内容をICレコーダーで録音すれば、会議中のメモは不要になりますが、それでもあとから音声を書き起こし、議事録にまとめる必要があります。

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)が2018年12月に行った調査によると、「議事録の作成で困っていること」の上位には、会議のメモを取るといった「記録」、そして内容の要約などの「整理」に要する稼働と、時間についての課題が大半を占めています。

 同じ調査で、議事録の作成に要する時間は「平均40分」というデータもあります。会議の内容や時間、担当者のスキルによっては、1時間、2時間かかっているケースもあるでしょう。もし議事録作成に時間がかかると、会議内容の情報展開やタスク開始が遅れる可能性があります。

 また、議事録の完成度は、情報をまとめる担当者のスキルによって左右されます。重要事項や宿題事項があいまいな議事録は、業務を混乱させる要因となりかねません。

 つまり、誰が会議に出席したとしても、完成度の高い議事録を簡単に作成できるツールがあれば、会議を効率化する可能性があるといえそうです。

SHARE

関連記事

「こんなはずじゃなかった」働き方改革、現場を活性化するツールとは?

2019.12.18

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第19回

「こんなはずじゃなかった」働き方改革、現場を活性化するツールとは?

働き方改革で「生産性を下げない」ためには映像活用を

2019.11.15

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第17回

働き方改革で「生産性を下げない」ためには映像活用を

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

2020.08.05

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第5回

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

2020.07.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

2020.06.26

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第27回

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている

2020.06.10

テレワーク導入の“壁”を解決第9回

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている