Bizコンパス

システム部門を悩ます“RPA放置”3つの解消法
2019.11.27

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第18回

システム部門を悩ます“RPA放置”3つの解消法

著者 Bizコンパス編集部

プログラム未経験者をRPA人材に育てるには?

 また、対象業務の拡大は、現場主導が大切となります。そのため業務に精通したキーマンをRPA人材として育成する必要があります。

「ロボット開発のためのRPAツールの操作や実装ノウハウに加え、対象業務の洗い出しやシナリオ作成などの実装プロセスの整備がそれにあたります。ここは人材育成のノウハウを持つ外部ベンダーやメーカーから支援を受けるのが近道です。ただ、すべての開発や実装を外部に委ねるのではなく、あくまでも現場がRPAを使いこなせる体制を構築することが大切です」(宿澤氏)

 このようなボトムアップ体制をつくるためのわかりやすいアプローチは、使い勝手の良い「RPAツール」を導入することです。

「そういった意味で一例を紹介すると、現在シェアが拡大している『WinActor®』があります。特徴はシステムの専門的な知識がない現場担当者でも使いこなせることです。RPAツールとして国内4,000社以上で導入実績がありますが、それら企業の現場担当者の半分以上がプログラム経験なしというリサーチ結果もあります」(宿澤氏)

 プログラム経験がなくてもWinActorを使えるようになる理由は、用意されたパーツを組み合わせてドラッグ&ドロップで自動化のシナリオを作成できる機能や、すぐに使える500以上のパーツのライブラリが準備されているためです。現場の業務を熟知した人材であれば、RPAによるシナリオ作成や業務改善のアドバイザーとしてキャリアチェンジできるため、現場主導の「対象業務の拡大」に不可欠な「RPA人材の育成」に効率的に取り組むことができます。

 またパートナーベンダーによる研修やeラーニング、書籍など、現場の立ち上げを支援する多くの仕組みがあるので、各企業の事情にあった解決策を選択できます。近年はRPAツールのメーカーによる人材育成やサポートが整ってきているので、それらを効果的に活用することもポイントです。

※WinActorはNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です

SHARE

関連記事

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?

2018.10.24

「最先端AI」で業務効率化する方法後編

成果が出るRPA、成果が出ないRPAの違いとは?

97%の企業が業務を5割削減、「RPA」の効果とは

2018.06.25

働き方は「ロボット」で変える第1回

97%の企業が業務を5割削減、「RPA」の効果とは

RPA導入虎の巻:押さえておくべき5つのポイントとは

2018.08.31

働き方は「ロボット」で変える第3回

RPA導入虎の巻:押さえておくべき5つのポイントとは

RPAの進化が、人間の真価を掘り起こす

2018.09.28

働き方は「ロボット」で変える第4回

RPAの進化が、人間の真価を掘り起こす

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

2020.06.26

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第28回

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている

2020.06.10

テレワーク導入の“壁”を解決第9回

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

2020.06.05

テレワーク導入の“壁”を解決第8回

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか