Bizコンパス

NTT Comが取り組む“制度・環境・風土”で推進する働き方改革
2019.07.19

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第10回

NTT Comが取り組む“制度・環境・風土”で推進する働き方改革

著者 Bizコンパス編集部

在宅勤務に理由はいらない

 2017年から新たにスタートした働き方改革の取り組みの1つが、「在宅勤務制度の事由制限撤廃」です。

「育児や介護など特別な事由がない場合でも自宅で勤務できるように改めました。さらに、社外のワークスペースで業務できるような環境も整えています。たとえば1日に複数の企業を訪問して営業活動を行うとき、いちいちオフィスに戻ってくるのは非効率的です。社外のワークスペースで作業ができれば、移動時間の無駄を省けます。早く帰宅できて、プライベートの時間を増やせるといった効果も期待できます。

 他にも、子どもの送り迎えなど退社時間よりも早くオフィスを出なければならない際には、用事を済ませて帰宅した後に、在宅勤務することも可能です。フレックス、在宅勤務、分断勤務といった制度を組み合わせることで、多様な働き方を実現できるようにしています」

 環境・ツール面もカイゼンを続けています。リモート接続やグループウェア、ビデオ会議、チャット・メッセージなど、社内外のさまざまなソリューションを活用しています。

 そして喜多氏が、同社の「働き方改革」のポイントと語るのが、意識・風土の改革に向けた取り組みです。具体的な取り組みの1つとして、「働き方」について経営陣と社員が直接話すイベントを開催しました。

「取締役や事業部長が壇上で社員を前にキャリアや働き方についてのオープントークを行った後、その場で社員からの質問に直接回答するという企画です。また、その映像の配信も行いました。経営層を含めた幹部と、社員1人1人の間で活発な議論が交わされており、一定の手応えを感じています」

 これらの働き方改革に向けた取り組みにより、NTT Comにおける年間の総労働時間は大幅に削減され、生産性に関する社員の満足度も向上しているといった成果にもつながっています。

関連キーワード

SHARE

関連記事

読売新聞社がOffice 365で目指す、創造性を高める「働き方改革」とは

2019.06.26

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第9回

読売新聞社がOffice 365で目指す、創造性を高める「働き方改革」とは

BCP/BCMの効果を最大にする、クラウドサービス活用術

2019.03.08

災害対策にも使えるクラウド

BCP/BCMの効果を最大にする、クラウドサービス活用術

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

2019.04.17

第3回「AI・人工知能EXPO」レポート

来客の受付から工場の異常検知まで、AIの適用範囲は広がっている

使いやすくセキュリティも強化したリモートワーク、そんなオイシイ話は“ある”

2019.05.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第8回

使いやすくセキュリティも強化したリモートワーク、そんなオイシイ話は“ある”

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

2020.06.26

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第28回

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている

2020.06.10

テレワーク導入の“壁”を解決第9回

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

2020.06.05

テレワーク導入の“壁”を解決第8回

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか