Bizコンパス

事例で解説!RPA、AI、チャットボット導入の勘所
2018.01.19

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第1回

事例で解説!RPA、AI、チャットボット導入の勘所

著者 Bizコンパス編集部

 働き方改革が取りざたされる中、いかに生産性高く働けるかが、企業の大きな課題となっています。その解決のためにロボットやAI がオフィスで活躍する時代がやってきています。現在注目されているRPA、チャットボットを活用し、労働力不足の時代を勝ち抜くために、企業はどのように考え、何から着手すればいいのか。

 2017年12月8日開催「AI時代のワークスタイル変革セミナー」(NTTコミュニケーションズ主催)のNTTコミュニケーションズ株式会社 ICTコンサルティング本部 川口直之氏の講演を取材しました。

生産性向上へは「投資時間」と「消費時間」を考える

 大多数の企業が生産性向上を目的とした働き方改革に取り組んでいます。働き方改革の実態調査でも、最も多い取り組みは「長時間労働の是正」です。そのために時間外労働をさせない制度を導入する企業もあるでしょうが、そこには大きな問題点があるとNTTコミュニケーションズ ICTコンサルティング本部 川口直之氏は指摘します。

 労働時間は大きく『投資時間』と『消費時間』に分けられます。前者は企業成長に向けた活動の時間で、後者はそれ以外の時間となります。理想は投資時間が増え消費時間が減ることですが、無理に総労働時間を短縮するとまず減るのは投資時間です。消費時間に分類される作業は、削減対策なしに減ることはないからです。そのため、まずは消費時間に分類される業務を定義し、その削減対策の検討から取り組まれることをお勧めしています。

 消費時間に分類される業務を定義するには、まず自分達の業務を分析する必要があります。しかし労働時間削減に緊急を要している場合、この分析をせずに『他社の事例を探す』→『その事例がうまくはまらない』→『何をすべきかわからない』という負のサイクルにはまるケースが多いと感じています。業務がひっ迫していて分析が行えない現状であれば、明確な消費時間、例えば事務処理時間や移動時間の削減に実際に取り組むことが、有効な対策だと思います」

図1:無理に総労働時間を短縮すると・・・

SHARE

関連記事

コンタクトセンターのFAQを最大限活用するAIとは

2017.10.04

顧客接点を強化する注目の24時間コミュニケーション

コンタクトセンターのFAQを最大限活用するAIとは

トラスティルグループがスマホ内線化で在宅勤務実現

2017.03.22

企業の働き方はどう変わっていくべきか第3回

トラスティルグループがスマホ内線化で在宅勤務実現

災害に強い働き方をオフィスやコンタクトセンターに

2016.03.11

東日本大震災から5年、BCP対策の最新事情第5回

災害に強い働き方をオフィスやコンタクトセンターに

チャット&AIで実現!カスタマーサポートの新機軸

2017.10.11

いま求められる“顧客接点の強化”第1回

チャット&AIで実現!カスタマーサポートの新機軸

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

2020.04.16

いま求められる“顧客接点の強化”第25回

課題に直面するコンタクトセンターを救う3カ条とは

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

2019.10.23

いま求められる“顧客接点の強化”第23回

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

「自分でやるには時間が足りない仕事」をAIに任せる方法

2019.10.18

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第16回

「自分でやるには時間が足りない仕事」をAIに任せる方法

AI法律相談窓口をオンラインで開設、アガルートのリーガルテック戦略とは

2019.09.17

いま求められる“顧客接点の強化”第19回

AI法律相談窓口をオンラインで開設、アガルートのリーガルテック戦略とは

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

2019.09.13

いま求められる“顧客接点の強化”第18回

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

もう英語だけの会議で戸惑わない!自動翻訳してくれるサービスが登場

2019.09.11

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第14回

もう英語だけの会議で戸惑わない!自動翻訳してくれるサービスが登場

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる

2019.08.23

いま求められる“顧客接点の強化”第17回

AIコンタクトセンターなら「業務効率化と顧客満足度の向上」を両立できる