NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

竹中工務店が構築したデジタル化推進のための基盤
2017.11.02

デジタル情報共有の課題をクラウドサービスで解決

竹中工務店が構築したデジタル化推進のための基盤

著者 Bizコンパス編集部

クラウド型のデータ共有基盤を確立「建設現場のデジタル化」の基礎とする

 こうして竹中工務店は、各現場や本・支店のデータをクラウドへ移行。約500の主な現場、および本・支店のデータを約2年かけて移行する計画を立て、作業を進めています。

 移行が完了した現場では、狙い通りの成果が得られているといいます。

 「社員や協力会社のスタッフが、権限に応じていつでもどこにいてもデータを共有できるようになりました。出先で打ち合わせを行う際、モバイル端末から図面を見ることもできるようになり、業務効率も向上し、生産性は確実に高まっています」と岩下氏は評価します。BIMデータ閲覧時のレスポンスも良く、従来と変わらない使い勝手で運用できているとのことです。

 データをNTTコミュニケーションズのデータセンターに移管したことで、たとえ現場事務所が被災しても情報が失われることはなくなり、業務継続性も高まりました。同時に、クラウド環境は物理的に離れたデータセンター間で冗長化されていることで、さらなる安心が担保されています。

 「運用管理についてもNTTコミュニケーションズに任せられるため、これまで機器の管理や障害時対応を行ってきた社員の負担も削減できています」と岩下氏は付け加えます。

SHARE

関連記事

三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

2017.02.17

スピード経営に求められるIT基盤とは

三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

VMwareに聞く!IT資産最適配置のためのクラウド

2017.07.21

ビジネススピードを加速させるIT基盤を考える

VMwareに聞く!IT資産最適配置のためのクラウド

鹿島建設が実現したグローバルなBIM活用基盤とは

2015.05.08

事例に学ぶグローバルビジネスを支えるクラウド環境第5回

鹿島建設が実現したグローバルなBIM活用基盤とは

柿安本店が考える、10年先も安心できるIT基盤とは

2015.10.16

複雑化したIT基盤をクラウド化でシンプルに再構築

柿安本店が考える、10年先も安心できるIT基盤とは