NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

“国内データ保管”「Box」がさらにセキュリティ高く “VPN接続”にも対応
2019.03.22

金融機関や官公庁などのクラウド活用もさらに加速

“国内データ保管”「Box」がさらにセキュリティ高く “VPN接続”にも対応

著者 Bizコンパス編集部

導入をアシストするBox Zones Japan へのVPN接続の魅力

 Box Zones JapanへのVPN接続には、メニューの提供開始前にも関わらず、これまでBoxの導入を見送っていた金融機関、官公庁、地方自治体などから「早く使いたい」という声が寄せられているといいます。

 Boxの導入は、日本国内のデータ保管、VPN接続によってさらなる安全性が担保された今、様々な分野で導入が進んでいきそうです。ちなみにBoxを利用する場合、社内ファイルサーバーなどにある膨大なデータをクラウド上に移行する必要があります。インターネットであれば膨大なデータがトラフィックを圧迫するため、利用者のいない深夜などに作業するしかありません。しかし、「Box over VPN」は、VPN接続と独自のデータ移行ツールにより、安全、確実に時間帯を気にせず移行できます。
さらに、NTT Comの知見を活かした導入支援サポートも充実しており、管理者向け、ユーザー向けの手引書に加え、オンライントレーニング、説明会といった手厚い支援も受けられます。何よりNTT Comが提供する社内外の豊富なサービスと連携し、Boxが利用できるというのは大きな魅力でしょう。

 政府の取り組みが示す通り、クラウドに対するセキュリティ要件は今後ますます厳しくなる可能性もあります。しかし、むやみに恐れる必要はありません。Box Zones Japanに対応した「Box over VPN」のようなメニューの提供によって、金融機関、官公庁といったセキュリティ意識の高い組織にもクラウドの門戸が開かれようとしているのですから。

SHARE

関連記事

BCP/BCMの効果を最大にする、クラウドサービス活用術

2019.03.08

災害対策にも使えるクラウド

BCP/BCMの効果を最大にする、クラウドサービス活用術

住友商事が「Box」導入で目指す働き方改革の実現

2018.10.31

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第6回

住友商事が「Box」導入で目指す働き方改革の実現

大手企業が続々導入!「Box」人気の秘密を探る

2016.12.16

なぜ日本はパブリッククラウド後進国なのか?

大手企業が続々導入!「Box」人気の秘密を探る

セキュリティ対策の「As-is」「To-be」の考え方とは

2018.11.22

グローバルなIT基盤を最適化する仕組み

セキュリティ対策の「As-is」「To-be」の考え方とは