NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DMG森精機のOTセキュリティの取り組みとは
2019.10.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第7回

DMG森精機のOTセキュリティの取り組みとは

著者 Bizコンパス編集部

アセスメントから設計・構築、SOCまで一元窓口になる点を評価し選定

 この問題を解決するには、ITとOT双方の知見を持ち、包括的なセキュリティ対策を提案できるパートナーと組む必要がありました。そこで選んだのが、かねて同社のグローバル拠点を結ぶ国際WANの構築を手掛けてきたNTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)でした。

 大原氏は、パートナーの選定理由を振り返ります。

「事前のアセスメントから、『IT/OT分離』によるセキュアなネットワーク環境の提案と設計・構築、さらにマネージドセキュリティサービスやSOC(Security Operation Center)を核とした運用監視スキームに至るまで、NTTグループのノウハウを結集したサービスを、一元窓口となって提供してくれる点を評価しました」

 特にポイントになったのが、導入後の対策運用までをカバーしている点でした。新たな脅威が日々登場し、その手口が巧妙化・高度化している現在、企業のセキュリティ対策は単に製品・サービスを導入して終わりというものではなくなっています。企業の業務要件に即した運用、および継続的な改善と対策強化を行っていくことがビジネスの安全を守る上では不可欠ですが、NTT ComのSOCは国内有数の体制と実績を有しており、大きな安心感があったといいます。

「自分たちが責任をもって監視できるものだけを提案するというNTT Comのスタンスが弊社の考え方と合致しました。セキュリティはソリューションを導入すれば終わりではなく、正しく運用できてこそ効果が得られるため、そのような運用重視の姿勢は選定のポイントとなりました。さらにIT/OT分離の取り組みは従来、グローバル各地域が個別に進めており、将来的なそれらの統合に向けても、グローバルなカバレッジを持つNTT Comは好適でした」(大原氏)

SHARE

関連記事

企業のセキュリティ対策は“アウトソース”がカギ

2019.09.20

セキュリティリソースの不足をいかに補うべきか?第3回

企業のセキュリティ対策は“アウトソース”がカギ

IoT普及によりセキュリティ対策はどうすべきか

2018.07.06

2020年に向けたサイバーセキュリティ対策を考える第1回

IoT普及によりセキュリティ対策はどうすべきか

IoTプラットフォームで工場の未来を拓くファナック

2018.10.05

IoTは製造業の現場をどう変えていくのか

IoTプラットフォームで工場の未来を拓くファナック

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

読者アンケートからわかった企業のセキュリティの課題とその対策とは

2021.06.30

セキュリティ対策に求められる新たな視点第25回

読者アンケートからわかった企業のセキュリティの課題とその対策とは

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」