2019.03.08 Fri

 東日本大震災の発生から、8年が経とうとしています。当時、被災によって人材や設備を失った企業の多くが、事業の継続が困難となり、廃業したケースもありました。それを教訓に、企業や自治体でBCP(事業継続計画)の策定が進みました。災害対策チームが編成され、災害に対するより強固な体制が構築されました。

 しかし、熊本や北海道における地震、西日本の大水害では、初動・復旧対応の遅れがニュースになりました。不測の事態が起こる災害時では、普段のような判断や計画の実行は困難となります。継続的な準備や訓練が不可欠です。

 そういった中、BCM(事業継続管理)という考え方が注目を集めています。BCMは、BCPで策定した計画に対する、実行プロセスの維持や改善などのマネジメントを指します。このBCMにおいて、緊急時に備えるツールだけではなく日常業務で使うクラウドサービスも役に立つといいます。いったい、どのような活用の仕方なのでしょうか。

気になる見出しをクリック

ポイントは、3つの時間軸にクラウドサービスをどう組み込むか

日常業務でのクラウドサービス活用が、災害対応の訓練になる

緊急時に不慣れなシステム。さあ、どうする?

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード