NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方
2020.11.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第17回

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

著者 Bizコンパス編集部

トップガン人材への近道は「細く深い井戸を掘る」こと

 NFLabs.は、高度セキュリティ人材の育成を目的として、NTT Comとセキュリティベンダーである株式会社FFRIセキュリティが出資し、2019年に設立された企業です。

 同社は事業としてセキュリティを根幹に据えた「研究開発事業」、「派遣型アウトソーシング事業」、「業務受託事業」、などを行っていますが、特に特徴的なのが、高度セキュリティ人材育成のための教育・研修サービスを提供する「教育研修事業」です。

 教育研修事業の特長は、広く浅くではなく、狭く深い知識を身に付けるようにプログラムが考えられている点です。

 「NFLabs.の受講者にまず言っているのは、細くても深い井戸を掘れということです。深い知識を身に付けるためには、いくつもの壁を乗り越えなければなりません。この経験はほかの領域にも生かせるので、広く深い知識を持ったトップガン人材に到達するまでのスピードが速まるのではないかと考えています」(小山氏)

 NFLabs.の研修コースは「Boot UP 研修」と「高度技術研修」があり、それぞれからNTT Com、あるいはNFLabs.でのOJTに進むコースがあるほか、マルウェア解析業務に携わる道も用意されています。

 このうちBoot UP 研修に関しては、CSIRT業務の基本や脆弱性対応、Webアプリケーションの脆弱性診断、ハードニング、ペネトレーションテスト基礎といったサイバーセキュリティの業務に関する研修のほか、C言語やPythonといったプログラミングスキル研修もあります。

 「攻撃者の多くは、リアルタイムにキーボードを叩いて侵入するということはしません。あらかじめ攻撃内容をプログラミングし、マルウェアなどとして送り込んでくるわけです。

 そのため、プログラミングスキルがないと、マルウェアを解析して攻撃意図を判断するといったことができません」(小山氏)

 さらに高度技術研修では、公開情報から組織の脆弱性などをリサーチするOSINT(Open Source Intelligence)のほか、疑似マルウェアの開発や実際のマルウェアの解析などが行われます。

SHARE

関連記事

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

2020.11.06

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第11回

ニューノーマル時代に必要なサイバーセキュリティとは?

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

2020.10.30

DXを加速させるITシステムの運用改革第31回

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

通信の“異常”から見る新しいAIマネージドソリューションとは

2020.10.23

セキュリティ対策に求められる新たな視点第16回

通信の“異常”から見る新しいAIマネージドソリューションとは

「Smart Mobility」で、クルマはもっと安全に、便利になる

2020.10.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第51回

「Smart Mobility」で、クルマはもっと安全に、便利になる

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第46回

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場

「Zoom」のセキュリティ(後編)使っても大丈夫か?

2020.09.03

今知っておきたいITセキュリティスキルワンランクアップ講座第24回

「Zoom」のセキュリティ(後編)使っても大丈夫か?

「Zoom」のセキュリティ(中編)脆弱性やプライバシーの問題

2020.08.07

今知っておきたいITセキュリティスキルワンランクアップ講座第23回

「Zoom」のセキュリティ(中編)脆弱性やプライバシーの問題