NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

セキュリティの専門家が語る「2020の脅威」その傾向と対策
2020.02.14

セキュリティ対策に求められる新たな視点第12回

セキュリティの専門家が語る「2020の脅威」その傾向と対策

著者 Bizコンパス編集部

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、日本企業を標的にしたサイバー攻撃が危惧されています。過去のオリンピックでは開催国を狙ったサイバー攻撃が多発しており、中には国家の関与が疑われる非常に高度なものもありました。目の前に迫る危機に、企業はどのように備えればいいのでしょうか。

 サイバーセキュリティの研究開発を行う株式会社エヌ・エフ・ラボラトリーズ (以下、NFLabs.)で代表取締役社長を務める小山覚氏は、「第16回 ItSMF Japanコンファレンス/EXPO」(2019年11月29日開催)に登壇し、2020に向けたセキュリティ対策のキーワードとして「エコシステム」と「人材育成」を挙げました。今回は、サイバーセキュリティのスペシャリストが語る、セキュリティ対策のポイントを紹介します。

巧妙化するサイバー攻撃の対策は“情報共有”で

 国家によるサイバー攻撃は常態化しており、政治的な緊張感を生み出しています。

 2018年にFBIは、ロシアの情報機関員を世界反ドーピング機関、原子力発電所にサイバー攻撃を仕掛けた嫌疑で起訴しています。平昌オリンピックで発生したサイバー攻撃も、北朝鮮を装ったロシアの犯行が疑われていると小山氏は明かします。

「当時、ロシアは国としてオリンピックに参加できませんでした。2020年も参加しない可能性があります。これは、ロシアには攻撃する理由があるということを意味しています。2020年のビッグイベントが間近に迫り、日本は世界的に高まる注目度に比例してサイバーセキュリティの緊張感も増しています」(小山氏)

 今後のサイバー攻撃対策について、小山氏は、国同士の外交が重要になるだけではなく、民間レベルの取り組みがカギを握ると考えています。

「巧妙化するサイバーセキュリティのポイントは、企業間の“情報共有”です。それにより、攻撃の耐性を強化する仕組みづくりが可能になります。例えば、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)に有効なサイバー攻撃は、同業のソフトバンク、KDDIにも有効な可能性があります。同様のサービス、システムを持っている同業他社と情報を共有することで、他社に発生したインシデントを自社で起こさないようにする必要があります」

SHARE

関連記事

「Zoom」のセキュリティ(中編)脆弱性やプライバシーの問題

2020.08.07

今知っておきたいITセキュリティスキルワンランクアップ講座第23回

「Zoom」のセキュリティ(中編)脆弱性やプライバシーの問題

「Zoom」のセキュリティ(前編)何が問題だったのか?

2020.07.30

今知っておきたいITセキュリティスキルワンランクアップ講座第22回

「Zoom」のセキュリティ(前編)何が問題だったのか?

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

2020.06.05

テレワーク導入の“壁”を解決第8回

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

地震や台風に備えて。ITシステムの災害対策に適したマネージドサービスとは

2020.05.15

DXを加速させるITシステムの運用改革第25回

地震や台風に備えて。ITシステムの災害対策に適したマネージドサービスとは

災害対策のためのシステム二重化には超えるべきハードルがある

2020.05.15

DXを加速させるITシステムの運用改革第24回

災害対策のためのシステム二重化には超えるべきハードルがある

テレワークのセキュリティでの9つの疑問と回答

2020.05.12

IT&ビジネス最新ニュース第11回

テレワークのセキュリティでの9つの疑問と回答

SSDにおいて削除したファイルの復元は可能か?

2020.04.21

今知っておきたいITセキュリティスキルワンランクアップ講座第21回

SSDにおいて削除したファイルの復元は可能か?

「スマホ窃盗」から身を守るための対策とは

2020.04.13

セキュリティの“盲点”第2回

「スマホ窃盗」から身を守るための対策とは

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか

2020.04.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第38回

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか