NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

3つの失敗例に学ぶ「脆弱性診断」を見極めるポイント
2018.11.28

セキュリティサービスを見きわめる方法

3つの失敗例に学ぶ「脆弱性診断」を見極めるポイント

著者 Bizコンパス編集部

脆弱性診断の種類「プラットフォーム診断」「Webアプリケーション診断」

 脆弱性診断サービスは、一般的なWebサイトの構成に従って、診断手法が異なるため、2つに大別されます。OSやミドルウェアを対象に調査を行う「プラットフォーム診断」と、独自に開発されるWebアプリケーションを検査対象とする「Webアプリケーション診断」です。これらを利用してシステムをチェックし、発見された脆弱性を修正することでシステムの安全性を保つというわけです。

脆弱性診断の種類

脆弱性診断サービスを実施するタイミング

 脆弱性診断を受けるタイミングとしては、受入試験や提供判断時、リリース前が挙げられます。特に外部に開発を委託した際には、その受入試験の項目の1つとして脆弱性診断を含めることで、瑕疵担保期間後に脆弱性が発覚し、その修正に追加費用が発生してしまうなどといったトラブルを避けられます。また社内で開発した場合であっても、提供判断やリリース前のタイミングで脆弱性診断を行い、リスクがない状態でリリースすることを意識すべきでしょう。

脆弱性診断のタイミング

 運用後は、プラットフォーム診断がメインとなります。システム改修がない限り、脆弱性のチェック対象は、OSやミドルウェア等の汎用ソフトウェアとなるためです。脆弱性は1日平均30件程度、公表されています。管理対象のシステムに該当する脆弱性はそれほど頻繁に発見されないにせよ、可能な限り短いサイクルでチェックを行いたいところです。機能の追加や更改などシステム改修の際は、改修内容に応じた診断サービスや診断項目を選択すべきです。

SHARE

関連記事

セキュリティ対策の「As-is」「To-be」の考え方とは

2018.11.22

グローバルなIT基盤を最適化する仕組み

セキュリティ対策の「As-is」「To-be」の考え方とは

IPA情報セキュリティ10大脅威から読み解く、脆弱性対策とは

2018.04.18

短期化する脆弱性の被害を防ぐには?

IPA情報セキュリティ10大脅威から読み解く、脆弱性対策とは

悪質化するサイバー攻撃に対する新たな対策とは

2018.07.13

セキュリティ対策に求められる新たな視点第1回

悪質化するサイバー攻撃に対する新たな対策とは

事業継続のためのセキュリティ対策を考える

2017.06.02

エバンジェリストに聞く!セキュリティ最新トレンド

事業継続のためのセキュリティ対策を考える

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

2020.11.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第17回

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

2020.10.30

DXを加速させるITシステムの運用改革第31回

アフターコロナ時代のITインフラは「SASE」がカギを握っている

通信の“異常”から見る新しいAIマネージドソリューションとは

2020.10.23

セキュリティ対策に求められる新たな視点第16回

通信の“異常”から見る新しいAIマネージドソリューションとは

「Smart Mobility」で、クルマはもっと安全に、便利になる

2020.10.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第51回

「Smart Mobility」で、クルマはもっと安全に、便利になる

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第46回

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場

「スマホ窃盗」から身を守るための対策とは

2020.04.13

セキュリティの“盲点”第2回

「スマホ窃盗」から身を守るための対策とは