2018.07.13 Fri

 2020年の東京オリンピックに向けて日本の注目度が高まる中、リスクとして意識すべきなのはサイバー攻撃でしょう。特に昨今は未知のマルウェアがあふれ、今までのセキュリティ対策では十分に対応できないケースが増加しています。またそれだけでなく、中堅・中小企業にとっては十分な予算やリソースをかけられず、セキュリティ対策が進まないといったケースも多いのではないでしょうか。そこで、ウェブルート株式会社 製品・技術本部のシニアセールスエンジニア 濱田亨 氏、そしてNTTコミュニケーションズ株式会社 アプリケーション&コンテンツサービス部のKIMMYOIN氏にこのような課題にどう立ち向かうべきか、サイバー攻撃の現状とこれから求められるセキュリティ対策についてお伺いしました。

気になる見出しをクリック

ID/パスワードが盗まれるだけじゃない、フィッシングサイトの脅威

多様化するマルウェアと“クリプトジャッキング”

これからのセキュリティ対策のポイントは未知の脅威への対応が鍵

フルクラウド型で未知の脅威にも対応可能なセキュリティソリューション

4,000台のパソコンにマイセキュア ビジネスを導入したA社の判断

黒と白に加えて“グレー”があることの価値

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード