2018.01.17 Wed

 新たなセキュリティ対策として業務端末とインターネットにアクセスするための端末を分ける「インターネット分離」が広まりつつあります。マルウェアに感染しても業務環境に影響が生じることを避けられるインターネット分離は有効なセキュリティ対策ですが、一方でコスト負担が大きい、IT環境が複雑化するといった難点もあります。本稿では、そのような課題を解消しつつ、インターネット分離と同様に高いセキュリティ効果を見込める「インターネット無害化」について解説していきます。

気になる見出しをクリック

金融機関などで広まり始めたインターネット分離

インターネット無害化の仕組み

インターネット無害化を実現したMenlo Security

パートナー選定のポイントとは

セキュリティ対策の“いたちごっこ”からの脱却

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード