2017.11.10 Fri

 テレビ・ラジオ局や新聞、出版社といったメディア関連の業種は、ハクティビストなどによるサイバー攻撃の標的になるケースが少なくありません。その最前線でセキュリティ対策を主導するほか、ICT-ISAC-JAPANの事務局次長も務める熱海徹(あつみ とおる)氏に、NTTコミュニケーションズのセキュリティエバンジェリストである竹内文孝氏がお話を伺いました。

気になる見出しをクリック

サイバー攻撃が多発する時代のISACの役割

自己責任で取り組む環境を作ることがリスク低減につながる

セキュリティ対策のPDCAではチェックが重要

残念ながらセキュリティ対策に完璧はない

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード