NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ビジネス基盤であるWebサーバーを守るには
2017.09.22

急増する、Webサーバーを狙う脅威

ビジネス基盤であるWebサーバーを守るには

著者 Bizコンパス編集部

CDNを活用してDDoS攻撃の影響を排除

 前述したDDoS緩和装置の利用など、DDoS攻撃対策はいくつかの方法がありますが、その1つとして積極的に検討したいのがCDN(Contents Delivery Network)の活用です。

 CDNは世界各地に配置したキャッシュサーバーにコンテンツをミラーリングし、エンドユーザーがアクセスする際はオリジナルのWebサーバーではなく、最寄りのキャッシュサーバーからコンテンツを取得します。これによりオリジナルのWebサーバーの負荷を低減しつつ、エンドユーザーに対して快適なWebアクセスを提供します。

 このCDNを用いれば、仮にDDoS攻撃を受けたとしてもオリジナルのWebサーバーにアクセスが集中することはないため、サービス不能状態に陥ることを回避できます。特に昨今では、100GbpsのトラフィックでWebサーバーを襲う大規模なDDoS攻撃も発生しており、自社のインフラだけで対応することは困難です。DDoS攻撃によりビジネスに多大な影響が生じる恐れがあるならば、CDNの活用を検討するべきでしょう。

CDN導入前後のイメージ

 アカマイ・テクノロジーズでは、このCDNに特化した大規模なネットワークを構築しており、世界中の企業に利用されています。また同社のサービスは、NTTコミュニケーションズをはじめさまざまなパートナーが提供しています。

SHARE

関連記事

侵害発見まで99日も!今すべきセキュリティ対策とは

2017.06.23

ファイア・アイのレポートに見るサイバー攻撃の動向

侵害発見まで99日も!今すべきセキュリティ対策とは

新たなセキュリティ対策「インターネット分離」とは

2017.06.30

政府も推奨する、注目のセキュリティ対策を解説

新たなセキュリティ対策「インターネット分離」とは

ユースケースから見るクラウド型UTM導入のメリット

2017.07.28

素早く手軽にセキュリティの運用負担を軽減する方法

ユースケースから見るクラウド型UTM導入のメリット

企業がインターネット環境を見直すきっかけとは

2017.03.01

乗り遅れるな!2017年、見極めたいICTの大波第4回

企業がインターネット環境を見直すきっかけとは

CDN活用で事業拡大へ!NDソフトウェアの挑戦

2018.02.07

ビジネススピードを加速するIT基盤第9回

CDN活用で事業拡大へ!NDソフトウェアの挑戦

Webコンテンツ配信のお悩みを「CDN」が解決!

2014.10.31

「つながらない」「遅い」企業サイトを卒業する

Webコンテンツ配信のお悩みを「CDN」が解決!