サイバー攻撃によって、個人情報が流出してしまう事件が度々起こっています。訴訟や賠償問題に発展するケースもあり、セキュリティ対策は企業にとって不可欠であるといえるでしょう。しかし、中にはあまり対策をとってない企業もあるかもしれません。

 そこで今回は、実際に企業でセキュリティ対策に最前線で関わっている担当者4名に、どのような対策を行っているのか、そのためにはどのような苦労があるのか、話を伺いました。

[出席者プロフィール]

Aさん:金融会社に勤務する男性。ITの統括と新規事業企画、データマネジメントの3つの業務を担当している。

Bさん:製造会社に勤務する男性。ITセキュリティグループのリーダーとして、情報セキュリティソリューションの導入を決裁する立場にある。

Cさん:小売会社に勤務する男性。社内ITの全般を統括。情報セキュリティソリューションの導入を決裁する立場にある。

Dさん:専門商社に勤務する男性。IT部門全体のマネジメントを行っており、事実上、情報セキュリティソリューションの導入を決裁する立場にある。

気になる見出しをクリック

「毎日サイバー攻撃を受けている」というケースも

被害は小さくても、手口は徐々に巧妙に

閲覧サイトの制限は当たり前!?

セキュリティ対策の導入を、経営陣にどう説明すべきか?

業界標準の規約がほしい、AIで攻撃を未然に防ぐ機能がほしい

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

連載記事

関連キーワード