NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
「SDGsビジネス」はどうやってスタートすれば良いのか? ICTの理想的な活用法
2021.08.18

SDGsとビジネスの可能性

「SDGsビジネス」はどうやってスタートすれば良いのか? ICTの理想的な活用法

著者 新見 友紀子

 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、地球上に「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓ったものです。

 SDGsは2015年9月の国連サミットで採択され、日本を含む国連加盟193か国が、2030年までの間に「1.貧困をなくそう」、「2.飢餓をゼロに」から始まる17のゴールと、169のターゲットの目標を達成することが取り決められています。

SDGsで掲げられた17のゴール

 これらのゴールやターゲットは、見方によっては、各企業の既存の事業領域において、すでに取り組んでいるものがいくつかあるかもしれません。しかし、2030年までに世界全体でSDGsを実現するためには、これまでの努力の延長で考えるのではなく、SDGsの考え方を事業の中心に据えて、あらゆる課題の解決に向けた、本気の取り組みが必要になります。

 SDGsの実現には、企業の事業領域に関連する、世界、国、地域レベルでの課題を明確化し、これらに対する抜本的な変革を検討していくことが必要です。この変革を起こすため、ICTや先端技術といったテクノロジーや社会システムの変革の組み合わせを行い、新たな事業領域を作り出していくことが期待されているのです。

「SDGsビジネス」をスタートするためには、企業はどうすれば良いのでしょうか?そして、どのようにICTを活用すれば良いのでしょうか?

そもそも、SDGsでビジネスができるのか?

 企業の中には、「SDGsばかりに注目していては、ビジネスに支障が出てしまうのでは?」と不安になっているケースもあるかもしれません。しかし、これはあまり心配する必要がないと思われます。

 たとえば、13番目に設定されたゴール「気候変動に具体的な対策を」であれば、脱炭素に向けた取り組みも含まれます。日本では2020年に、菅総理が「2050年カーボンニュートラル」(2050年までに脱炭素社会を実現すること)を宣言し、政府も大型の予算を付けています。世界的にも脱炭素に向けた流れは加速しており、再生可能エネルギーの生産や効率的な配分、それらを支えるサービスなどはグリーンイノベーションとして大きな変革が期待されています。

 さらに、2050年カーボンニュートラルには、重点14分野が設定されており、洋上風力発電や水素燃料などの「エネルギーに直接関連する産業」、自動車や物流などの「輸送産業」、バイオ燃料や食料・農林水産業などの「製造関連産業」、次世代太陽光発電や資源循環などの「家庭・オフィス関連産業」などについて、実行計画が公表されています。この計画では、各分野における今後の技術開発の必要性や方向性が記載されており、国の予算や民間企業の資金が大きく投じられる分野です。これらの分野でのビジネスにはチャンスがあると考えられます。

 その他にも、17のゴールに関連する様々な検討が進められています。このような時流を捉え、事業のあり方自体を見直していくことが企業の事業継続には必要になると考えられます。

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」