NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.10.09

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第4回

医療や製造業での導入も盛んに、AIはビジネスで価値を生み出す技術に進化している

著者 Bizコンパス編集部

匠の技も再現、AIは“人の感覚”を判断できるようになっていく

 AIの進化という意味では、マルチモーダルAIという概念も注目すべきトレンドであると島田氏はいいます。

 「マルチモーダルとは、視覚や聴覚、あるいは触覚などを含めたさまざまな種類の情報を指します。これまでは、AIに何かを判断させるとき、画像や数値データ、文字データ、映像や音などをそれぞれ分析していましたが、情報を処理するコンピューターリソースの進歩によって、それらを同時に取得して、複合的に分析することができるようになってきました。

 人間が視覚と聴覚、さらに触覚など五感を使って判断しているのと同じように、さまざまな情報をAIに入力して判断させる。IoTセンサの感度や画像解析など個々の精度が高まっているので、AIの判断を人間の感覚に近づけていくマルチモーダルによって、AIをビジネス活用する上での成果は見込みやすくなっています」

 これらの進化によって、プラント制御や医療診断など慎重な判断が求められる領域でのAI導入において、情報空間と物理空間が融合するデジタルツインでの活用の可能性についても言及します。

 「マルチモーダルAIやXAIによって、AIの判断と現場知見で整合性が取れていれば、現実世界で導入前にデジタルツインのサイバー空間でそれをテストできるようになります。これらは、エンジニアリングのライフサイクルを総合的に支援していける取り組みです。

 たとえば、「現場のカイゼン活動」や「熟練者の匠の技」といった企業の知的資産をAIに学習させ、サイバー空間で分析や制御のテストを実施、それを現実の世界で実装するという仕組みです。こういった「人の知をデータ化して価値を生み出す」というアプローチは、モノづくりを得意としてきた日本企業型のAI活用として、これから進展するのではないかと期待しています」

SHARE

関連記事

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

2021.01.15

これからの時代に求められるデータ利活用第8回

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

2021.01.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第57回

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

デジタル変革、組織内での格差で生じる課題

2021.01.12

IT&ビジネス最新ニュース第96回

デジタル変革、組織内での格差で生じる課題

ゼロトラストで“リモートワークをオフィス並み”にセキュアにする方法

2021.01.08

セキュリティ対策に求められる新たな視点第20回

ゼロトラストで“リモートワークをオフィス並み”にセキュアにする方法

デジタル庁で日本のDXは変わるのか!?東大は「DX人材の育成事業」に乗りだす

2021.01.06

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第56回

デジタル庁で日本のDXは変わるのか!?東大は「DX人材の育成事業」に乗りだす

デジタル技術の急速な発展にも追従できるDX人材・DX組織とは?

2020.12.25

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第14回

デジタル技術の急速な発展にも追従できるDX人材・DX組織とは?

松永エリック氏が語る“DXの本質”と“今後の情シスの役割”

2020.12.23

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第55回

松永エリック氏が語る“DXの本質”と“今後の情シスの役割”

2021年のデジタル変革を形作る8のトレンド

2020.12.22

IT&ビジネス最新ニュース第93回

2021年のデジタル変革を形作る8のトレンド