NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる
2020.08.28

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第3回

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる

著者 島田健一郎

「AIが作ったフェイクニュース」は、92%の確率でAIに見破られる

 ここまで最近の自然言語処理技術を取り上げてきましたが、この技術を生かした研究の一つとして“Fake News Detection”(偽情報検知)があります。

 Fake News(フェイクニュース)の研究においては、いかにFake Newsを生み出すかという取り組みがあり、その一つがGROVERという取り組みです。GROVERはワシントン大学とアレン人工知能研究所が開発したものであり、いくつかのinput情報(Domain(ドメイン/メディアタイプ)、Date(日付)、Authors(著者)、Headline(見出)、Article(本文))を入れてしまえば、簡単に各種のニュース風に、記事を生成できてしまいます。

 下記の記事は、私がGROVERのデモサイトで生成したFake News(偽記事)です(内容はNTTコミュニケーションズの収益が10兆円に達したというニュース)

(生成された偽記事)

 この取り組みにおいては、偽記事を検知するFake News Detectionの仕組みも同時に開発されており、Fake Newsの検出力について、論文中でも記載されています。

 下の図にあるのが、他の言語処理モデルとの比較です(BERTやGPTなど、さきほど紹介した言語モデル。ちなみにGPTは、論文投稿時期から前のバージョンのGPT-2となっております)。自分で生成したFake Newsについても、高い精度で検出できていることが分かります。Groverは「人間が書いたニュース」と「AIが書いたフェイクニュース」を92%以上の正確さで区別可能ということもアピールされています。

 今後、コロナ禍や各種災害時に、悪意を持って機械的に大量に生産されてくるようなFake Newsを見抜く一つの手段として期待できます。

 ここまで3回に渡り、AI技術がコロナ禍を契機としたニューノーマル時代において、どのように活用されるのかを様々な視点から紹介しました。今回のコラム以外にも、最新のAIトップカンファレンスでは、次々に新しいAI技術が生まれています。「AIで社会を進化させる」ことに大きな期待と好奇心を持ちながら、引き続き研究開発に取り組んでいきたいと思います。

※掲載している情報は、記事執筆時点のものです。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す