NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?
2020.06.17

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第1回

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?

著者 島田健一郎

製造業では「サイバー空間」が注目を集める

 製造業などの工場においては、「Cyber Physical System(CPS)」や「デジタルツイン」といったサイバー空間の活用が注目されています。

 国内ではコロナウイルスが流行し始めた2020年3月から4月にかけ、大手企業の製造工場におけるコロナ感染が報告されました。工場の操業停止による経済的被害が出る状況は、今後も起こる可能性があります。そういった中で、Cyber Physical System(CPS)やデジタルツインでは、IoTデータを基に工場の状態を可視化して監視するのみにとどまらず、サイバー空間上で解析・分析も行い、現実環境へ結果をフィードバックすることが想定されています。

経済産業省【参考】製造業を巡る環境変化に対する課題と方向性

 デジタルツイン空間の構築とAIを組み合わせたサービスはすでにいくつか出てきており、一例としてはCTC社がデジタルツイン構築サービスを発表しています。

 このサービスでは、リアルタイムのデータ収集、各種データの前処理から解析までを高速に行うことを可能としており、シミュレーションソフト側でプロセスのモデル化、可視化、レポーティングなどが可能です。

 同社は産業総合研究所と協力して、このシミュレータ上の仮想生産プロセスモデルに対し、AI技術(強化学習)を適用したAGV(無人搬送車)の行動を最適化する研究事例も発表しています。

 他にも、工場のデータをAI技術でモデル化するデータドリブンのアプローチによってデジタルツイン空間を構築し、最適な制御パラメータを探索した事例や、不動産分野において商業施設における人流量、ビルデータを統合分析することでモデル化(デジタルツイン化のアプローチ)を行った上で、深層強化学習を適用して、空調制御を最適化した事例もあります。

 このような取り組みが更に進んでいくことで、将来的には工場や施設への遠隔からの状態確認のみならず、分析や改善のアプローチを安全かつ簡易に行うことが可能となります。結果として生産性向上やSDGsの観点からの省エネルギー化につながっていくでしょう。

 今回は、コロナウイルスを契機として広がってくる「働き方や社会変化」に対応するAI技術について取り上げました。次回は、世界的に収束の兆しが見えないコロナウイルスそのものと向き合うためのA I技術の活用について取り上げます。

※掲載している情報は、記事執筆時点のものです。

SHARE

関連記事

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

2020.08.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第6回

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

約6割の日本企業は、Afterコロナを見据えた取り組みができていない

2020.08.05

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第43回

約6割の日本企業は、Afterコロナを見据えた取り組みができていない

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

2020.07.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第7回

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

2020.07.15

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第2回

AIはどうやって、新型コロナウイルスの治療/診断/予測をしているのか?

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

2020.07.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第42回

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

ニューノーマル時代は、時と場所を超えたコミュニケーションが定着する

2020.07.08

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第1回

ニューノーマル時代は、時と場所を超えたコミュニケーションが定着する

「コロナ禍の2カ月で2年分のデジタル変革も」CDO Summitレポート

2020.06.24

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第41回

「コロナ禍の2カ月で2年分のデジタル変革も」CDO Summitレポート