NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは
2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

著者 柏 大

エッジコンピューティング基盤はどのような技術が支えているのか

 エッジコンピューティングを支える主な技術要素としては、仮想化技術、分散技術、ネットワーク技術が挙げられます。

 仮想化技術は、様々な機能を様々なハードウェア上で容易に動作可能とします。ネットワーク機能仮想化の手段としてはVM (Virtual Machine)が長年使われてきましたが、近年では、「コンテナ」が広く認知されるようになりました。コンテナは、性能やポータビリティ(可搬性)の面でVMより優れており、IoTや5G向け機能などの新規開発機能で対応が進んでいます。とはいえVMも、OSの自由度が高いために、既存機能の仮想化では依然として幅広く活用されています。

 分散技術は、エッジコンピューティング環境上で動作する分散配置された機能群の管理や協調動作を支援します。これらを実現するためには様々なプロダクトがあり、最近ではオープンソースで実現しようとする営みや、標準化しようとする営みも行われています。最近では、コンテナベースの機能群のデプロイ・管理・スケジュールなどを自動化するオープンソースであるKubernetesや、機能群間のデータの一貫性や複雑な通信などの実装を簡素化するフレームワークなど、技術革新が急速に進んでいます。

 ネットワーク技術としては、機能群間を跨って動的に通信経路を制御するためのSFC (Service Function Chaining)技術用途別・利用者別などに最適なネットワーク品質を提供し分けるネットワークスライシング技術などが挙げられます。

 本連載では、ニューノーマル時代における、場所・時間を超えたコミュニケーションを支える「ネットワーク基盤の技術動向」として、Disaggregation/オープン化/仮想化、ゼロトラストネットワーク、エッジコンピューティングを取り上げました。

 企業ネットワークの変革スピードは、これらの技術によって、今後も加速することが予想されます。これらの技術革新の力が、変革を下支えし、より快適で便利で安全なワーキングスタイルを実現していくことを信じ、私も技術者として貢献できればと思っています。

※掲載している情報は、記事執筆時点のものです。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

読者アンケートからわかった企業のセキュリティの課題とその対策とは

2021.06.30

セキュリティ対策に求められる新たな視点第25回

読者アンケートからわかった企業のセキュリティの課題とその対策とは

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す