NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは
2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

著者 柏 大

 来たるニューノーマル時代では、ネットワークの領域でどのような技術改革が起きるのでしょうか。本連載では、ニューノーマル時代における、場所・時間を超えたコミュニケーションを支える「ネットワーク基盤の技術動向」について紹介します。

 第3回では、IoTや5Gなどの通信を支える「エッジコンピューティング技術」について取り上げます。

そもそも、エッジコンピューティングとは?

 エッジコンピューティングとは、コンピューティングリソースやストレージリソースを、利用者や端末の近くで提供する技術のことです。IoTや5Gに代表される無線アクセスリモートワークの普及、センサーなどからの莫大なデータ処理や映像通信に代表される広帯域・低遅延通信へのニーズの高まりに対応するため、発展してきました。

 エッジコンピューティングは、1990年代にCDN(Content Delivery Network)として映像・音声データを配信先近くで処理したことに起源を持つと言われています。以降、コンピューティングリソースやストレージリソースを、利用者や端末の近くで提供する技術として、様々なユースケースで活用されています。代表的な効能として、低遅延、ネットワーク帯域の節約、自律制御の実現、(ローカルデータ処理による)セキュリティ確保、などが挙げられます。(図1)

図1 エッジコンピューティングの主な効能

 “エッジ”の位置については、クラウド近くからエンタープライズの拠点に至るまで、様々な定義が存在します。

 例えば、アメリカのITコンサル会社「STL Partners」のサイトでは(How does edge computing architecture impact latency)、ネットワークエッジの位置として、アクセスネットワーク(Level1)〜Peering/Exchange Point (Level4)までを定義しています。一方で、アメリカのIT企業「AT&T」社のホワイトペーパーでは(AT&T Edge Cloud (AEC) – White Paper)では、AEC(AT&T Edge Cloud)、AIC(AT&T Integrated Cloud) Medium、AIC Largeの3レベルを定義しています。

 NTT Comでは、エッジコンピューティング基盤を図2のように「アクセスエッジ」と「コアエッジ」に分けて整理し、遅延時間・設備数規模・提供機能など、異なる特徴を持つ多段構成で整備することが有用と考えています。

図2 エッジコンピューティング構成

 ニューノーマル時代では、DXが進展し、テレワークの普及も進むため、ネットワークシステム全体の中で必要なデータ処理が拡大・分散していくことが予想されます。これらの変化を柔軟に対応して安心・快適なシステム利用を実現するため、エッジコンピューティング技術の導入やサービスの利用が重要になっていくでしょう。

SHARE

関連記事

どうすればゼロトラストが実現できるのか?SASEを活用した導入術

2021.07.28

セキュリティ対策に求められる新たな視点第26回

どうすればゼロトラストが実現できるのか?SASEを活用した導入術

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

読者アンケートからわかった企業のセキュリティの課題とその対策とは

2021.06.30

セキュリティ対策に求められる新たな視点第25回

読者アンケートからわかった企業のセキュリティの課題とその対策とは

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す