NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは
2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

著者 柏 大

 来たるニューノーマル時代では、ネットワークの領域でどのような技術改革が起きるのでしょうか。本連載では、ニューノーマル時代における、場所・時間を超えたコミュニケーションを支える「ネットワーク基盤の技術動向」について紹介します。

 第3回では、IoTや5Gなどの通信を支える「エッジコンピューティング技術」について取り上げます。

そもそも、エッジコンピューティングとは?

 エッジコンピューティングとは、コンピューティングリソースやストレージリソースを、利用者や端末の近くで提供する技術のことです。IoTや5Gに代表される無線アクセスリモートワークの普及、センサーなどからの莫大なデータ処理や映像通信に代表される広帯域・低遅延通信へのニーズの高まりに対応するため、発展してきました。

 エッジコンピューティングは、1990年代にCDN(Content Delivery Network)として映像・音声データを配信先近くで処理したことに起源を持つと言われています。以降、コンピューティングリソースやストレージリソースを、利用者や端末の近くで提供する技術として、様々なユースケースで活用されています。代表的な効能として、低遅延、ネットワーク帯域の節約、自律制御の実現、(ローカルデータ処理による)セキュリティ確保、などが挙げられます。(図1)

図1 エッジコンピューティングの主な効能

 “エッジ”の位置については、クラウド近くからエンタープライズの拠点に至るまで、様々な定義が存在します。

 例えば、アメリカのITコンサル会社「STL Partners」のサイトでは(How does edge computing architecture impact latency)、ネットワークエッジの位置として、アクセスネットワーク(Level1)〜Peering/Exchange Point (Level4)までを定義しています。一方で、アメリカのIT企業「AT&T」社のホワイトペーパーでは(AT&T Edge Cloud (AEC) – White Paper)では、AEC(AT&T Edge Cloud)、AIC(AT&T Integrated Cloud) Medium、AIC Largeの3レベルを定義しています。

 NTT Comでは、エッジコンピューティング基盤を図2のように「アクセスエッジ」と「コアエッジ」に分けて整理し、遅延時間・設備数規模・提供機能など、異なる特徴を持つ多段構成で整備することが有用と考えています。

図2 エッジコンピューティング構成

 ニューノーマル時代では、DXが進展し、テレワークの普及も進むため、ネットワークシステム全体の中で必要なデータ処理が拡大・分散していくことが予想されます。これらの変化を柔軟に対応して安心・快適なシステム利用を実現するため、エッジコンピューティング技術の導入やサービスの利用が重要になっていくでしょう。

SHARE

関連記事

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第20回

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

2021.02.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第35回

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

2021.02.17

共創によるビジネスイノベーション第6回

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

5G✕エッジコンピューティングがインパクトをもたらす6の業界

2021.02.16

IT&ビジネス最新ニュース第111回

5G✕エッジコンピューティングがインパクトをもたらす6の業界

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

2021.02.12

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

2021.02.09

セキュリティ対策に求められる新たな視点第22回

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第18回

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである

2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第17回

「DXを実装する」とは、○○をビジネスに組み入れることである

SaaS利用によって生じる課題をワンストップで解決する方法がある

2021.01.27

DXを加速させるITシステムの運用改革第34回

SaaS利用によって生じる課題をワンストップで解決する方法がある

取引先のテレワークのセキュリティに不安が5割超–IPAが調査

2021.01.25

IT&ビジネス最新ニュース第101回

取引先のテレワークのセキュリティに不安が5割超–IPAが調査

パラダイムシフトに直面する製薬業界、 ニューノーマル時代に求められるMR像とは

2021.01.20

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるか第1回

パラダイムシフトに直面する製薬業界、 ニューノーマル時代に求められるMR像とは