NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは
2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

著者 柏 大

 来たるニューノーマル時代では、ネットワークの領域でどのような技術改革が起きるのでしょうか。本連載では、ニューノーマル時代における、場所・時間を超えたコミュニケーションを支える「ネットワーク基盤の技術動向」について紹介します。

 第3回では、IoTや5Gなどの通信を支える「エッジコンピューティング技術」について取り上げます。

そもそも、エッジコンピューティングとは?

 エッジコンピューティングとは、コンピューティングリソースやストレージリソースを、利用者や端末の近くで提供する技術のことです。IoTや5Gに代表される無線アクセスリモートワークの普及、センサーなどからの莫大なデータ処理や映像通信に代表される広帯域・低遅延通信へのニーズの高まりに対応するため、発展してきました。

 エッジコンピューティングは、1990年代にCDN(Content Delivery Network)として映像・音声データを配信先近くで処理したことに起源を持つと言われています。以降、コンピューティングリソースやストレージリソースを、利用者や端末の近くで提供する技術として、様々なユースケースで活用されています。代表的な効能として、低遅延、ネットワーク帯域の節約、自律制御の実現、(ローカルデータ処理による)セキュリティ確保、などが挙げられます。(図1)

図1 エッジコンピューティングの主な効能

 “エッジ”の位置については、クラウド近くからエンタープライズの拠点に至るまで、様々な定義が存在します。

 例えば、アメリカのITコンサル会社「STL Partners」のサイトでは(How does edge computing architecture impact latency)、ネットワークエッジの位置として、アクセスネットワーク(Level1)〜Peering/Exchange Point (Level4)までを定義しています。一方で、アメリカのIT企業「AT&T」社のホワイトペーパーでは(AT&T Edge Cloud (AEC) – White Paper)では、AEC(AT&T Edge Cloud)、AIC(AT&T Integrated Cloud) Medium、AIC Largeの3レベルを定義しています。

 NTT Comでは、エッジコンピューティング基盤を図2のように「アクセスエッジ」と「コアエッジ」に分けて整理し、遅延時間・設備数規模・提供機能など、異なる特徴を持つ多段構成で整備することが有用と考えています。

図2 エッジコンピューティング構成

 ニューノーマル時代では、DXが進展し、テレワークの普及も進むため、ネットワークシステム全体の中で必要なデータ処理が拡大・分散していくことが予想されます。これらの変化を柔軟に対応して安心・快適なシステム利用を実現するため、エッジコンピューティング技術の導入やサービスの利用が重要になっていくでしょう。

SHARE

関連記事

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

2021.04.28

いま求められる“顧客接点の強化”第33回

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

2021.04.23

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第10回

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

2021.04.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第39回

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

2021.04.19

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第27回

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

2021.04.15

IT&ビジネスコラム第1回

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

オムロンが考える、ニューノーマル時代の製造現場を変える「5G」の活用法とは

2021.04.13

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第26回

オムロンが考える、ニューノーマル時代の製造現場を変える「5G」の活用法とは

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

2021.04.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第25回

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

2021.04.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第63回

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

2021.03.31

これからの時代に求められるデータ利活用第9回

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線