NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2021.02.12

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

著者 Bizコンパス編集部

DXに取り組む企業は、自社のビジネスをどうデジタル化しているのか?

林:八子さんがINDUSTRIAL-Xで取り組んでいる、製造業DXの取り組み事例があれば教えてください。

八子:たとえば、はかりを作っている企業の例があります。その会社は、養豚場から豚が出荷される際、はかりを作って物理的に計量をしていました。英語で言えばスケーリングです。しかし、デジタルを使って継続的に目方を量り続ければ、豚の生育をチェックし、理想的な状態に出荷するといったことが可能になります。スケーリングではなくてセンシングで重さを量るということで、大きくビジネスモデルが変わります。

 企業内に「デジタルを使えば、こんなにビジネスを大きく変えられる」という実例が広がれば、DXの機運はどんどん高まっていきます。

林:NTT Comでは、さまざまなパートナーと組んで、新しいモデルを作っています。たとえば、ファナック株式会社および富士通株式会社と組み、業界全体で重複している社内業務や顧客サービスをデジタル化、ユーティリティ化(共通利用化)することによって、モノ作りのためのエコシステムを構築する「デジタルユーティリティクラウド」のジョイントベンチャーを立ち上げました。さまざまな会社と連携し、新しい場を作っていくことによって、企業の垣根を超えたDXのモデルができるのではないでしょうか。

八子:パートナーとの連携という観点で、デジタルをうまく活用しているのは、機械加工製品の販売などを行っている株式会社ミスミグループ本社の取り組みです。同社の「meviy」というサービスは、3D CADで作成した部品の図面をアップロードすると、約30秒で見積もりが作成され、製作可能な設計になっていれば、そのまま注文ができます。バックグラウンドでは製造設備に対してAIで自動的に製造指示データが生成されて製造し、注文から最短即日で出荷されるという画期的なシステムです。

 従来は受発注で手戻りがあり、時間がかかっていたところを、この取り組みではシステムがさながら顧客と対面した「生産シミュレーター」になっていて、ユーザーが自分自身で試行錯誤できる環境を提供しています。この取り組みでも、多くのパートナーが参加していると聞いています。

SHARE

関連記事

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第29回

AI企業のCEOが語る「AIの精度が低くても、ビジネスシーンでは意外と使える」