NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.08.21

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第7回

5GやIoTをビジネスにつなげるには、どうすればいいのか?東大・森川教授に聞く

著者 Bizコンパス編集部

リクルートは、KPIを変化させることで上手くいっている

――国内において、PoCをうまく実施している企業はあるのでしょうか。

森川:PoCのフェーズに応じて「KPIを変えている」リクルートの取り組みはユニークです。PoCが頓挫するケースとして多いのが、「止め時が判断できず、ずるずると何年も続け、気づくと霧散している」ことです。これは、多くのPoCが検証することが目的となっており、その後のアクションが不明確なためです。

 その点でリクルートは、例えばPoCの第一フェーズでは技術的な検証、それを受けた第二フェーズではテストマーケティング、第三フェーズではスモールスタートで市場投入などのマイルストーンを設定し、その内容に応じてKPIを設定しています。そうすることで「そのサービスが本当に価値を生み出せるか」を判断でき、PoCを回すことができるようになります。

 リクルートの場合は、サービスを正式にリリースした後も、「ビジネスとしてスケールできない」と判断されたらそれを止めることもしばしばあります。サービスのリリースがゴールではなく、PoCの延長線上で捉えられているのです。そのため、サービスを止めても、それを「失敗」とするのではなく、PoCの成果として「評価」されます。

 PoCで成果を出すために重要となるのが、「結果の責任を現場に負わせない」ことです。たとえば、日用品メーカーのアイリスオーヤマでは、年間1000点以上の新商品をリリースしています。現場から商品アイデアが次々と出る背景には、それらに対する可否の最終決定と責任が同社の会長と社長にあるためです。PoCにおいても、このような経営層のコミットが重要で、現場を守ってくれないと成果の出るPoCにはつながりません。

SHARE

関連記事

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

2020.11.26

IT&ビジネス最新ニュース第82回

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

2020.11.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第54回

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

2020.11.16

IT&ビジネス最新ニュース第78回

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表