NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.05.08

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第6回

なぜGAFAは優秀なIT人材に“選ばれる”のか?東大・山口准教授に聞く

著者 Bizコンパス編集部

ビッグデータを使えることが、研究者を引き付ける

――そのような状況で、国内企業が優秀なIT人材を獲得するには、どうすれば良いのでしょうか。

山口:たとえば大手企業が「自社が持っているデータを好きに使って研究していいよ」と言えば、非常に魅力的だと思います。

 ある大手企業に就職し、研究部門でAI系の研究に携わった学生がいたんですね。その学生は研究に必要な社内データを使わせて欲しいと依頼したのですが、2年待っても結局データを使わせてもらえず、最終的に退社してしまいました。もちろんプライバシーの問題もありますので、なんでも好きに使ってよいとはなりませんが、社内のデータですら解析に使えないことは、研究者として苦しかったのでしょう。

 そもそも、日本はデータに関して必要以上に厳しい部分があります。以前、インドの大学に出張したとき、学生が学内・外の道路にカメラをドンと置いて研究のためのデータを取っていたんです。そんなことを日本ですれば、プライバシー保護から問題になりかねないため、なかなか必要なデータを取れない現状がありますが、インドではそうやって自力で集めているんですね。

 私は、AIやIoTなどに関わる先端技術研究のほとんどは、データありきだと思っています。どんなデータでもまず取得できることが大切なんです。研究者にとっては、豊富なデータを使えることがモチベーションにつながります。

 海外企業では、社内でしか使用しないデータとそうでないデータを明確に線引きしてプライバシー保護などの対策をしながら、データを活用しています。簡単ではないかもしれませんが、国内には世界でもトップクラスの研究所を持つ企業があり、そういった企業が変革に乗り出せば、優秀なIT人材を引き付けていくと思います。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す