NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
DXの潮流、CDOの挑戦
2020.05.08

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第6回

なぜGAFAは優秀なIT人材に“選ばれる”のか?東大・山口准教授に聞く

著者 Bizコンパス編集部

ビッグデータを使えることが、研究者を引き付ける

――そのような状況で、国内企業が優秀なIT人材を獲得するには、どうすれば良いのでしょうか。

山口:たとえば大手企業が「自社が持っているデータを好きに使って研究していいよ」と言えば、非常に魅力的だと思います。

 ある大手企業に就職し、研究部門でAI系の研究に携わった学生がいたんですね。その学生は研究に必要な社内データを使わせて欲しいと依頼したのですが、2年待っても結局データを使わせてもらえず、最終的に退社してしまいました。もちろんプライバシーの問題もありますので、なんでも好きに使ってよいとはなりませんが、社内のデータですら解析に使えないことは、研究者として苦しかったのでしょう。

 そもそも、日本はデータに関して必要以上に厳しい部分があります。以前、インドの大学に出張したとき、学生が学内・外の道路にカメラをドンと置いて研究のためのデータを取っていたんです。そんなことを日本ですれば、プライバシー保護から問題になりかねないため、なかなか必要なデータを取れない現状がありますが、インドではそうやって自力で集めているんですね。

 私は、AIやIoTなどに関わる先端技術研究のほとんどは、データありきだと思っています。どんなデータでもまず取得できることが大切なんです。研究者にとっては、豊富なデータを使えることがモチベーションにつながります。

 海外企業では、社内でしか使用しないデータとそうでないデータを明確に線引きしてプライバシー保護などの対策をしながら、データを活用しています。簡単ではないかもしれませんが、国内には世界でもトップクラスの研究所を持つ企業があり、そういった企業が変革に乗り出せば、優秀なIT人材を引き付けていくと思います。

SHARE

関連記事

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第50回

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第49回

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?