NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.05.08

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第6回

なぜGAFAは優秀なIT人材に“選ばれる”のか?東大・山口准教授に聞く

著者 Bizコンパス編集部

“仕様書文化”がトッププログラマーの活躍を阻んでいる

――国内のIT業界からは、GAFAのようにグローバル展開されるプロダクトやサービスがなかなか生まれない現状もあります。どういったことが理由だと考えていますか。

山口:日本特有の“仕様書文化”が、優秀な人材の活躍を阻んでいる面があります。たとえば、金融系の基幹システムのように事前に仕様がきっちりと決められる開発では、社内説明や外注するときに仕様書は有効なツールです。そういったこともあり、ウォーターフォール型の開発が主流だったころにIT人材に求められる仕事は「仕様書通りにプログラムを組む」ことでした。

 しかし、昨今のシステムは複雑化・高度化し、ソフトウェアも重要となっています。新しいサービスを生み出すための前例がないシステムや、リリースした後も改善を続けるアジャイル開発も増えています。そのため海外の企業では、まったくゼロではありませんが、ほとんど仕様書を書かないようです。

 仕様書を書かなくても成り立つ背景には、それらの企業がコンピューターサイエンスを学んだ専門人材、中でも「トッププログラマー」の力を活用しているからです。トッププログラマーと一般的なプログラマーでは、生産性という面でも大きな違いがあります。たとえば、国際大学対抗プログラミングコンテストでは、トップチームが1分で回答する問題に対して、そうでないチームは2時間かかることもあります。

 これらは、AIなど先端技術の活用にも影響します。「IT人材の不足をAIで補えないか」という議論もありますが、解決にはつながらないでしょう。なぜなら、AIはすでにあるものを真似して作ることはできますが、新しいものを創造することはできないからです。

 逆に言えば、AIがお手本とできる素晴らしいプログラムを生み出す人材の活躍の場が増えれば、それをAIで自動化することで、従来の「仕様書通りにプログラムを組む」という稼働を減らすことができます。そういった形であればIT人材の不足を補うことはできるかもしれません。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す