NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
DXの潮流、CDOの挑戦
2020.04.24

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第5回

製造業が直面「若手への技術継承」問題をどう解決する?東大・朴准教授に聞く

著者 Bizコンパス編集部

製造業に就職した若手は“ダブルパンチ”で困っている

――「ものづくり白書」で指摘されていた「技能継承」の問題については、どのようにお考えでしょうか?

朴:大きな問題だと考えています。なぜなら、日本の製造業の現場は世代間の人数バランスがバラバラで、若手に技術が継承しにくい構造になっています。

 日本ではバブル経済がはじけた後、20年近く採用者数を控えてきました。そのため高度成長期に入社した50~60歳代の方たちは多いのですが、30~40歳代の方々が少ないです。一方、円安による景気回復によって採用者数が伸びた20歳代は、比較的人数が多いです。

 これまで日本の製造業で広く採用されていた「すり合わせアーキテクチャ」(後述)は、暗黙知の世界であるため、ベテランがOJTで若手に技能を伝承していました。しかし、バブル崩壊後に採用を絞った結果、ベテランが技能を教えようとしても、教える若手がいない状態が発生してしまいました。今は技能を持つベテランがすでに退職し始めていているため、若手が入ってきたとしても、教える人がいない状況に陥っています。

 さらにいえば、現代はものづくりのデジタル化も急速に進んでいるため、若手はそちらの知識も蓄えなければなりません。

 つまり現場を支える若手にとっては、従来の技能と新しい技能を、どちらもイチから学ばなければいけない、ダブルパンチとも言える大変辛い状況にあります。間違いなく、日本のものづくりにおける大きな課題でしょう。

ベテランが持つノウハウは、伝承しにくいことに価値がある

――課題解決の話題に触れる前に、さきほど話題に出てきた「すり合わせアーキテクチャ」がどのようなものか、解説いただけますか?

朴:「すり合わせアーキテクチャ」とは、すべての部品の設計を相互調整しながら、製品を製造することを指します。「インテグラルアーキテクチャ」とも呼ばれます。

 すり合わせアーキテクチャの反対に位置するのが「モジュラー(組み合わせ)アーキテクチャ」です。前もってインターフェイスを標準化しておき、顧客のニーズに合わせてモジュールを組み合わせる作り方を指します。たとえばパソコンも、モジュラーアーキテクチャで作られます。

――両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

朴:モジュラーアーキテクチャは、作りやすい反面、真似されやすいという宿命があります。たとえばパソコンであれば、標準化された部品を集めれば、簡単に組み立てられます。そのため多くのメーカーがパソコンを製造できるようになりましたが、逆に誰でも作れることで、付加価値を生み出しにくくなり、結果、価格競争が起きてしまいました。

 一方、すり合わせアーキテクチャは、インターフェイスが決まっていないため、厳密に部品などの組み合わせを調整しなければなりません。

 その代表的な例が自動車産業です。日本にはいくつかの自動車メーカーがありますが、自動車に必要となる部品を組み合わせるインターフェイスは企業間で標準化されていません。昨今、ある程度は標準化する取り組みが進められていますが、すべての部品を業界全体で標準化するという議論は、まだ聞いたことがないです。

 しかし自動車の世界においても、近年、自動運転技術が急ピッチで開発されており、モジュラーアーキテクチャによるものづくりが進む可能性があります。近未来にバッテリーイノベーションが実現するなら、電気モーターで走らせるEV(Electric Vehicle)が主流になり、標準化されたモーターやバッテリーが使われるようになれば、すり合わせアーキテクチャではなくモジュラーアーキテクチャで自動車が作られることも十分に考えられます。

 もしすり合わせアーキテクチャからモジュラーアーキテクチャに変わる可能性があるならば、自社のものづくりにおいて、何がコアであるのかを考えることが、付加価値を生み出すためには重要な鍵となるでしょう。

関連キーワード

SHARE

関連記事

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第50回

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第49回

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

2020.09.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第48回

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第45回

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方