NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.04.24

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第5回

製造業が直面「若手への技術継承」問題をどう解決する?東大・朴准教授に聞く

著者 Bizコンパス編集部

 いま、日本の製造業では、人手不足やベテランから若手への技能継承が大きな課題となっています。経済産業省が毎年発表している「ものづくり白書」でも、この点が指摘されています。

 こうした製造業における課題は、どのように解決すべきなのでしょうか?埼玉大学経済学部教授・東京大学大学院 経済学研究科 ものづくり経営研究センターの特任准教授で、『コアコンピタンスとIT戦略』(早稲田大学出版社)、『ITを活かすものづくり』(日本経済新聞社、藤本隆宏との共同編集)などの書籍づくりに携わった朴英元氏に話を聞きました。

製造業は「ニーズの複雑化」に対応できていない

――現在、日本の製造業が直面している課題について、朴先生自身が問題だと考えている点について教えて下さい。

埼玉大学経済学部教授
東京大学大学院 経営学研究科
ものづくり経営研究センター
特任准教授 朴 英元氏

朴:私は「ニーズの複雑化」に対応できてない点にあると思っています。

 日本のものづくりの歴史から考えると、戦前、あるいは戦後の間もない時期はモノが足りない時代であり、基本的に作れば売れるという状況でした。しかし高度経済成長期を迎えると、供給過剰の状態が生じ、さらに顧客のニーズが複雑化したことで、“他社と差別化しないといけない”という議論が、業界内で始まりました。

 現在ではそれに加えて、資源やエネルギーなど、地球環境的な課題に対処することも求められるようになっています。製造業として、持続可能な社会をどう実現するかも考えなければなりません。

 このように、顧客ニーズだけでなく社会ニーズも複雑化していることから、それに対応するための全体の開発プロセスも複雑化しています。この複雑化の流れに追いつけていない点が、大きな課題だと考えています。

関連キーワード

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」