NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.03.18

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第4回

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

著者 Bizコンパス編集部

“検査の神様”にしか見えない傷を、どう数値化するか

――人による検査のメカニズムを再現した画像認識技術は、どのように開発したのでしょうか?

輿水:「KIZKIアルゴリズム」の開発は、2000年頃にトヨタ自動車の計測技術部から相談を受けたのがきっかけに始まりました。プロジェクトは、40年にわたってトヨタ自動車で傷検査に携わってきた「検査の神様」のような社員と連携して進めました。

 一緒に取り組む中で分かってきたのは、「検査の神様にしか見えない傷」というものがあることです。傷というのは物理的な現象ですので「位置・形・濃淡」で数値化することができます。画像認識技術では、それらを精度高く数値化できれば、開発プログラムの9割方は解決できるのです。

 そこで重要になるのが、「質の良いNGサンプル」です。AIが画像認識で「不良品」と判定する精度を高めるためには、検査の神様にしか見えない傷、つまり匠の勘と経験でしか発見できない傷をデータ化しなくてはいけないわけです。

 私たちはどうやってその傷に気付いているかを知りたくて、傷の寸法や面積がいくつで、色の濃さはこれくらいと明示してくれないかと、検査の神様に質問をしました。返ってきた答えは「見れば分かるだろ」でした。現場と開発では、そもそものプロトコル(言語)が異なるわけです。「KIZKIアルゴリズム」の開発プロジェクトでは、こういった現場の暗黙知、いわば非物理現象ともいうべき“検査の神様の勘センシング”をデータ化するために、何度も何度も彼にインタビューをしました。

SHARE

関連記事

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第28回

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

2021.05.24

シリコンバレー通信第37回

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場