NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
DXの潮流、CDOの挑戦
2020.03.18

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第3回

「なぜアマゾンやアリババはCXにこだわるのか」立教大・田中教授

著者 Bizコンパス編集部

アリババがDXで、小売業を革新できるのはワケがある

――グローバルでは小売業のDXが進んでいるとのことですが、具体的な事例を教えてください。

田中:昨年7月末に、アリババが買収した百貨店を訪問しましたが、非常にDXが進んでいました。百貨店のビジネスは、テナント企業に対してはB2Bで、消費者に対してはB2Cになりますよね。そのB2Bでテナント企業に対してサポートすべきことは、集客と販売支援の2つが重要な基軸になります。

 アリババはオンラインを駆使して、テナントへの集客をサポートすることでテナント企業とオンラインで売上を創出している。自社の強みであるデジタルのインフラによって百貨店をアップデートしているのです。

 販売支援の点で、彼らは「ニューマニュファクチャリング(新しい製造業)」をコンセプトに、デジタルインフラによる柔軟な製造システムでの特注品対応や、エンドユーザーのニーズを意識したカスタマイズなどに取り組んでいます。

 たとえば、テナントがアパレル企業であれば、アリババがECサイトを通じて集めたユーザー属性によるニーズやトレンドといったビッグデータをAIで解析し、どういった服を作れば売れるのかについて、開発・製造から一緒になってやっています。それによって、アリババ買収前は、4割程度だった「定価販売率」を8割にまで引き上げました。

 アリババがなぜこういったことをできるのかというと、ビジネスの土台に「アリババクラウド」というインフラがあり、その上に物流やマーケティングのプラットフォームを構築しているからです。実際、アリババのオフライン店舗は赤字ですが、本業であるECの収益がそれを補う構造によって、ニューマニュファクチャリングなど、DXによる業界構造の改革にチャレンジできるのです。

SHARE

関連記事

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

2020.10.28

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第9回

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第50回

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第49回

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?