NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

認証方式の変更のお知らせ
DXの潮流、CDOの挑戦
2020.03.18

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第3回

「なぜアマゾンやアリババはCXにこだわるのか」立教大・田中教授

著者 Bizコンパス編集部

アリババがDXで、小売業を革新できるのはワケがある

――グローバルでは小売業のDXが進んでいるとのことですが、具体的な事例を教えてください。

田中:昨年7月末に、アリババが買収した百貨店を訪問しましたが、非常にDXが進んでいました。百貨店のビジネスは、テナント企業に対してはB2Bで、消費者に対してはB2Cになりますよね。そのB2Bでテナント企業に対してサポートすべきことは、集客と販売支援の2つが重要な基軸になります。

 アリババはオンラインを駆使して、テナントへの集客をサポートすることでテナント企業とオンラインで売上を創出している。自社の強みであるデジタルのインフラによって百貨店をアップデートしているのです。

 販売支援の点で、彼らは「ニューマニュファクチャリング(新しい製造業)」をコンセプトに、デジタルインフラによる柔軟な製造システムでの特注品対応や、エンドユーザーのニーズを意識したカスタマイズなどに取り組んでいます。

 たとえば、テナントがアパレル企業であれば、アリババがECサイトを通じて集めたユーザー属性によるニーズやトレンドといったビッグデータをAIで解析し、どういった服を作れば売れるのかについて、開発・製造から一緒になってやっています。それによって、アリババ買収前は、4割程度だった「定価販売率」を8割にまで引き上げました。

 アリババがなぜこういったことをできるのかというと、ビジネスの土台に「アリババクラウド」というインフラがあり、その上に物流やマーケティングのプラットフォームを構築しているからです。実際、アリババのオフライン店舗は赤字ですが、本業であるECの収益がそれを補う構造によって、ニューマニュファクチャリングなど、DXによる業界構造の改革にチャレンジできるのです。

SHARE

関連記事

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

2021.01.15

これからの時代に求められるデータ利活用第8回

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

2021.01.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第57回

経済産業省が「GビズID」で目指す“行政サービスの100%デジタル化”

デジタル変革、組織内での格差で生じる課題

2021.01.12

IT&ビジネス最新ニュース第96回

デジタル変革、組織内での格差で生じる課題

ゼロトラストで“リモートワークをオフィス並み”にセキュアにする方法

2021.01.08

セキュリティ対策に求められる新たな視点第20回

ゼロトラストで“リモートワークをオフィス並み”にセキュアにする方法

デジタル庁で日本のDXは変わるのか!?東大は「DX人材の育成事業」に乗りだす

2021.01.06

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第56回

デジタル庁で日本のDXは変わるのか!?東大は「DX人材の育成事業」に乗りだす

デジタル技術の急速な発展にも追従できるDX人材・DX組織とは?

2020.12.25

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第14回

デジタル技術の急速な発展にも追従できるDX人材・DX組織とは?

松永エリック氏が語る“DXの本質”と“今後の情シスの役割”

2020.12.23

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第55回

松永エリック氏が語る“DXの本質”と“今後の情シスの役割”

2021年のデジタル変革を形作る8のトレンド

2020.12.22

IT&ビジネス最新ニュース第93回

2021年のデジタル変革を形作る8のトレンド