NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
DXの潮流、CDOの挑戦
2020.03.04

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第2回

流経大・矢野教授「トラック積載率は40%、物流のIT化は非常に遅れている」

著者 Bizコンパス編集部

トヨタのジャストインタイムは「先を読んだロジスティクス」

――物流でのIT化の遅れは、サプライチェーン全体の問題ということですね。そのような課題を、どう解決していくべきなのでしょうか。

矢野:私がいつも言っているのは、「先を読んだロジスティクス」に変換するべきだということです。現状は、「計画性がなく、場当たり」のロジスティクスです。メーカーと卸、小売りの情報連携が不十分なので、計画的に在庫や配送トラックを準備することができないのです。今の物流トラックの積載率を知っていますか?4割です。荷台の半分以上を空にした非効率な輸送をしているわけです。

 そうではなく、「来週はこれくらいの製品が必要になるから、トラックをこれくらい待機させておこう」と事前に計画できる「先を読んだロジスティクス」に転換できれば、輸送効率を改善できます。

 たとえばトヨタ自動車では、必要なものを必要なときに必要な数だけつくる「ジャストインタイム」と呼ばれる生産方式が取り入れています。このジャストインタイムでは、取引先に対して短いリードタイムで、納品する時間を細かく指定していますが、情報は事前に提供されているので成り立っている。前触れなく「1時間後に納品してくれ」という仕組みではないのです。

 要は最初に計画があり、その情報がきちんと物流にまで共有されていれば何の問題もない。このように先を読むことができるロジスティクスが実現すれば、物流は大きく変わることができるでしょう。

SHARE

関連記事

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

2020.10.28

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第9回

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第50回

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第49回

SDGsを達成するためのICT活用“全球自律神経”とは?

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第45回

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方