NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.03.04

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第2回

流経大・矢野教授「トラック積載率は40%、物流のIT化は非常に遅れている」

著者 Bizコンパス編集部

トヨタのジャストインタイムは「先を読んだロジスティクス」

――物流でのIT化の遅れは、サプライチェーン全体の問題ということですね。そのような課題を、どう解決していくべきなのでしょうか。

矢野:私がいつも言っているのは、「先を読んだロジスティクス」に変換するべきだということです。現状は、「計画性がなく、場当たり」のロジスティクスです。メーカーと卸、小売りの情報連携が不十分なので、計画的に在庫や配送トラックを準備することができないのです。今の物流トラックの積載率を知っていますか?4割です。荷台の半分以上を空にした非効率な輸送をしているわけです。

 そうではなく、「来週はこれくらいの製品が必要になるから、トラックをこれくらい待機させておこう」と事前に計画できる「先を読んだロジスティクス」に転換できれば、輸送効率を改善できます。

 たとえばトヨタ自動車では、必要なものを必要なときに必要な数だけつくる「ジャストインタイム」と呼ばれる生産方式が取り入れています。このジャストインタイムでは、取引先に対して短いリードタイムで、納品する時間を細かく指定していますが、情報は事前に提供されているので成り立っている。前触れなく「1時間後に納品してくれ」という仕組みではないのです。

 要は最初に計画があり、その情報がきちんと物流にまで共有されていれば何の問題もない。このように先を読むことができるロジスティクスが実現すれば、物流は大きく変わることができるでしょう。

SHARE

関連記事

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

2021.04.23

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第10回

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

2021.04.19

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第27回

コロナ禍の「会えない」はセールス・マーケティングの変化をどう加速させたか

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

2021.04.15

IT&ビジネスコラム第1回

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

2021.04.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第25回

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

2021.04.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第63回

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

2021.03.31

これからの時代に求められるデータ利活用第9回

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは

2021.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第38回

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは

「自由な組織が新しいビジネスを生み出す」というわけではない

2021.03.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第24回

「自由な組織が新しいビジネスを生み出す」というわけではない

DX成功の鍵“あらゆる組織がデータを活用できる環境”はどう実現するのか

2021.03.24

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第62回

DX成功の鍵“あらゆる組織がデータを活用できる環境”はどう実現するのか