NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.03.04

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第2回

流経大・矢野教授「トラック積載率は40%、物流のIT化は非常に遅れている」

著者 Bizコンパス編集部

トヨタのジャストインタイムは「先を読んだロジスティクス」

――物流でのIT化の遅れは、サプライチェーン全体の問題ということですね。そのような課題を、どう解決していくべきなのでしょうか。

矢野:私がいつも言っているのは、「先を読んだロジスティクス」に変換するべきだということです。現状は、「計画性がなく、場当たり」のロジスティクスです。メーカーと卸、小売りの情報連携が不十分なので、計画的に在庫や配送トラックを準備することができないのです。今の物流トラックの積載率を知っていますか?4割です。荷台の半分以上を空にした非効率な輸送をしているわけです。

 そうではなく、「来週はこれくらいの製品が必要になるから、トラックをこれくらい待機させておこう」と事前に計画できる「先を読んだロジスティクス」に転換できれば、輸送効率を改善できます。

 たとえばトヨタ自動車では、必要なものを必要なときに必要な数だけつくる「ジャストインタイム」と呼ばれる生産方式が取り入れています。このジャストインタイムでは、取引先に対して短いリードタイムで、納品する時間を細かく指定していますが、情報は事前に提供されているので成り立っている。前触れなく「1時間後に納品してくれ」という仕組みではないのです。

 要は最初に計画があり、その情報がきちんと物流にまで共有されていれば何の問題もない。このように先を読むことができるロジスティクスが実現すれば、物流は大きく変わることができるでしょう。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」