NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
DXの潮流、CDOの挑戦
2020.03.04

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第2回

流経大・矢野教授「トラック積載率は40%、物流のIT化は非常に遅れている」

著者 Bizコンパス編集部

 AI、IoTによる物流センター業務の自動化、MaaSによる自動運転やドローンによる配送の構想など、デジタルトランスフォーメーション(DX)の波は、物流業にも押し寄せています。

 しかし、物流情報を専門とする流通経済大学の矢野裕児教授は、「物流業のIT化は非常に遅れている」と指摘します。DXを進めるために、物流にはどのような課題があり、どうすればそれを解決できるのか、物流・流通システムにおける「ロジスティクス改革」を提唱する矢野氏に聞きます。

なぜ、物流業のIT化は進まないのか?

――物流業のIT化の現状について教えていただけますか。

矢野:物流業のIT化は非常に遅れています。なぜなら物流に関する情報は、電子化、標準化されていないものが無数にあるからです。

流通経済大学
流通情報学部大学院
物流情報学研究科 教授
矢野 裕児氏

 たとえば、ペットボトルには賞味期限が記載されていますよね。商品が納品された物流センターではほぼすべて、賞味期限情報を手入力しています。GPSを用いた車両管理など、IT化が進められている領域もありますが、業務全体でいえばごく一部です。

――なぜ、物流のIT化は進まないのでしょうか。

矢野:物流には発荷主や着荷主がいて、実際に荷物を運んでいるのは物流事業者の協力会社であることも珍しくない。サプライチェーンの構造上、関わるプレイヤーが多く、「物流全体のIT化で旗を振るのは誰か」という議論になってしまうためです。

 もちろん、メーカーや卸、小売などの企業単位ではIT化は進んでいますが、その多くは自社の情報だけです。企業ごとの情報の最適化は進んでいますが、サプライチェーン全体でみた場合、全体最適がされていない。そういったひずんだ構造の問題が、物流IT化のボトルネックになっています。

 わかりやすい例は、在庫情報です。小売業は自分たちのところに在庫がどれだけあるか、あるいはどれだけ売れたかといった細かい情報を卸やメーカーにオープンにはしていません。だからメーカーや卸は、店舗での販売数や在庫数がわかりません。そうした情報が共有されていないと、店舗からの発注に従って製品を送るしかない。店舗から「明日持ってきてくれ」と言われたら、対応するしかありません。

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?