NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2021.04.23

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第10回

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

著者 Bizコンパス編集部

それぞれの事業会社にDX組織が生まれ、環境が整えられつつある

:現在、三菱ケミカルホールディングス(MCHC)では、三菱ケミカル、田辺三菱製薬、生命科学インスティテュート、大陽日酸という4つの事業会社がそれぞれの施策でDXを推進していると伺っています。どのような取り組みをされているのでしょうか?

浦本:三菱ケミカルでは製造部門にDXを推進するための組織ができ、研究開発部門の中にもデータ分析やデータサイエンスにフォーカスするチームが生まれています。田辺三菱製薬にもDX部が設立されており、他の事業会社でも取り組みが進んでいます。徐々にそれぞれの事業会社にDXを担当する組織が生まれ、自分たちでDXに取り組む環境が整えられています。

 取り組みのポートフォリオは大きく3つあります。1つめは、予兆検知や規格外品判別などによる「業務の自動化や最適化、高度化」です。2つめは、サプライチェーン最適化などによる「顧客接点とビジネスエコシステムの変革」。3つめは、量子コンピューティングやデータサイエンスを使って新素材を発見するマテリアルズ・インフォマティクスなど「社会や企業を変える革新技術の開発と適用」です。

 設立から4年経ち、私たちホールディングスにいるDXチームの仕事や役割も変わってきています。私たちがリードするケースももちろんありますが、一方で横から支える、あるいは足りないスキルを補完的に提供するといったサポートも行っています。解決に時間がかかる困難な課題、組織や会社を超えた活動に取り組むことで三菱ケミカルホールディングスのグループ全体の成長を最大化することを、私がCDOに着任したときに、改めてミッションに明記しました。

三菱ケミカルホールディングスでは、DXグループのミッションを3つのポートフォリオに分け、そのために必要なデジタル技術や知見、プロジェクトを体系化することでDXの推進を図っている。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す