NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.26

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第1回

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

著者 Bizコンパス編集部

ロビー活動で最新技術を目利きできる人材が欠かせない

――今後、日本の製造業がグローバルで存在感を高めるためには何が必要でしょうか。

西岡:多様化する消費者のニーズに応えるためには、大手メーカーと独自のノウハウを持つ中小製造業のパートナーシップは不可欠です。データを共有して一貫した製造プロセスを構築することによって、グローバルなニーズの変化に対しても素早く対応することができるようになるためです。

 企業内に、海外の会合などの場でロビー活動や情報収集をする「オープン型人材」を増やすことも必要です。たとえば自動車業界では、CASE(Connected/Autonomous/Shared・Service/Electric)によって、製造メーカーは、業界の垣根を越えたサービスプロバイダーへと変貌するかも知れません。これらの技術をすべて1社でまかなうのは難しい。そこで外部のどの企業と組むのかという話になったときに、社外のオープンな人脈からの情報をもとに、企業の強みや弱みを目利きできる人材が重要になるのです。

 そういった意味で、製造業はIT企業とも競争をしていかなければならず、CDOやCDXOなどITリテラシーを持った経営人材の確保は急務になります。GAFAやBATHなどの経営層は40代や50代です。日本企業の経営層の若返りも今後は不可欠になるでしょう。

――本日はありがとうございました。

SHARE

関連記事

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?