NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.26

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第1回

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

著者 Bizコンパス編集部

ノウハウの“独占”によって、町工場が淘汰される

――オートメーションやマスカスタマイゼーションで世界をリードしていた日本の製造業のデジタル化が進まない背景には、どのような課題があるのでしょうか。

西岡:重要なのは、業界の関係者が自社の利害にとらわれず、一致団結して業界のデジタル変革につなげることです。日本の製造業では企業秘密を守るために、工場に外部の人材を招かない、情報を開示しないという自前主義が色濃く残っています。サプライチェーンを形成する系列企業間でつながる仕組みはありますが、強固な連携で外部を寄せ付けない。そうなると、情報やノウハウのガラパゴス化が起こり、世の中の変化に対して柔軟に対応できず、時代に取り残されてしまいます。

 一般論として、デジタルには「富の一極集中」が起きやすい性質があります。ものづくりの世界で考えると、日本の町工場で職人が生産しているネジや筐体だって、部品の種類や加工時の機械の回転数やスピードといったノウハウをデジタルでフォーマット化すれば、日本の町工場でなくても作れてしまうようになります。

 製造業に限ったことではなく、データや知財は流動性が高いんです。今後、個人が持つノウハウや勘やコツなどは、機械学習などテクノロジーの進歩によってどんどんデジタル化されていくはずです。もちろん、品質面で不良品率の低さなど職人の技術や経験をすぐに超えることは難しいでしょうが、デジタル化によって安く早く大量に生産できるようになれば、多少の品質低下はカバーできてしまいます。

 そういった中で、自社の利害にとらわれて業界内でのノウハウ共有が行われない状況が続くと、海外のメガプラットフォーマーがスケールメリットによってマーケットを独占するようになり、国内の町工場はどんどん淘汰されてしまいます。生産コストを下げるために大手メーカーが生産拠点を海外に移す動きもありますが、これも町工場をはじめとする国内製造業のノウハウのデジタル化を妨げています。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す