NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.02.26

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第1回

法政大・西岡教授「製造業の未来は“匠の技”のデジタル化にかかっている」

著者 Bizコンパス編集部

 デジタル化によってあらゆる産業の構造が変わろうとしている昨今、企業が生き残るためには、業界・業種を問わずデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが不可欠となっています。

 しかし、AIやIoTなどのデジタルテクノロジーによって、業務を自動化する、データを一元管理するといったコンセプトがあっても、産業構造やビジネス慣習などさまざまな理由から、業界を変革する仕組みづくりには至っていない現状があります。

 経産省が警鐘を鳴らす「2025年の崖」対策でもあるDXを進めるために、各業界にはどのような課題があり、どうすればそれを解決できるのか。新連載INDUSTRY REVIEWでは、各業界の有識者がそのヒントとなる「DXの現在と未来」を語ります。

 第1回は、製造業。スマートファクトリー(つながる工場)を実現する日本発のプラットフォーム「インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)」を立ち上げ、デジタル変革をリードする法政大学デザイン工学部教授の西岡靖之氏に聞きます。

「インダストリー 4.0」は格好良かったが、日本の方が進んでいた

――製造業におけるデジタル化は、ドイツが2011年に「インダストリー 4.0」で提唱し

法政大学デザイン工学部
システムデザイン学科教授
一般社団法人インダストリアル・
バリューチェーン・
イニシアティブ理事長
西岡 靖之氏

 

 

た、「スマートファクトリー」というコンセプトによって、認知が広がったイメージがあります。業界内ではどのように捉えられていたのでしょうか。

西岡:ものづくりの世界をデジタル化で格好良く見せてくれたのが、インダストリー 4.0でした。年齢を重ねた職人が油にまみれて働いている世界から、自動化された工場で白衣を着てスマートに働くような世界が見えてきて、製造業にすごくいい風が吹きましたよね。そのイメージが正しいかどうかは別にして、ですが。

 ただ、製造業における工場のオートメーションや、少量多品種で高付加価値の製品を大規模生産するマスカスタマイゼーションは、当時の日本ではすでにやっていた。インダストリー 4.0が描く世界への取り組みは、日本のほうが進んでいたんです。しかし、日本の製造業におけるデジタル化は今のところ、一部業務の自動化など個別最適にとどまっています。

SHARE

関連記事

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第28回

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

2021.05.24

シリコンバレー通信第37回

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場